2017年6月25日日曜日

6月25日の日記:中沢新一の築地論

中沢新一さんが今日(2017年6月25日)の朝日新聞の読書のページに、3冊の本を紹介しながら築地市場について語っていたのを読んだ。「人間と自然が共存する聖域」という見出し。(web版はこちら
私は築地市場には行ったことがないし、いわゆる築地問題になんらコミットしていないので築地問題そのものについて何かを言う立場にないのだけど、この文章は悪い意味での「ポエム」だなあと思った。意味ありげな表現はあるけれど伝達すべき内容がないように見えるという意味で。そういう意味でのポエムじゃないとしたら、宗教的プロパガンダと言おうか。中沢さんの記事は中身がないか、読み取れるとしたら私的な宗教的メッセージが含まれていた。
中沢さんの文章によると、築地市場とは「人間と自然が一体となり、のびのびと活動」する場であり、都の管理する公の市場でありながらそうしたことが可能になったのは「この市場が一種のアジール(聖域)として、外の世界からの影響を直接受けにく」かったかららしい。
ここで言う人間と自然が一体となるとか、築地市場がアジールであるという言葉は私にはその意味がよくわからない。たとえば、漁業資源の持続的な利用がそこで行われているという意味で「人間と自然が一体となる」と言っているのだとしたら、理解ができるけど、たぶん文脈などから推測するに、中沢さんの言っていることはそういうことじゃない。むりやり読むとしたら、中沢さん的なある種の宗教の方面があるかなあと思う。
中沢さんの自作のユーカラ(『芸術人類学』117–127ページ。ユーカラというのはアイヌの叙事詩のこと)では、鯨の神さまが肉として人間に食べられて、人間も鯨もよろこぶというお話が語られている。なので、あるいは記事で言う「人間と自然が一体となる」というのもそういうことなのかなあとは思う。けれど、はっきりとはわからない。少なくともこの文章だけからは受け取れなかった。でもだとしたら、それは中沢さんの宗教的というか神話的というか、そういう独特な理解の仕方であって、築地の魚が人間に食べられて喜んでいるという主張を公の議論に持ち込んで何かを説得しようとするのは、ちょっとどうかと思う。(どうかと思うというのはうまい手段じゃないと私が感じるという意味)
築地市場アジール論の方はもうちょっと意味不明で、アジールというのが比喩なのだろうということはわかるけれど、私には築地市場とアジールとに似ているところがあるようには思われないから、不適切な比喩なのではないかと考える。アジールというのは、外部の法律が適用されない、そこに逃げ込むと犯罪者が罪に問われないような空間のことを言うはずだけど、築地市場がそんな無法地帯だったというような気はしない。(もっとも私は築地を知らないので、内部の人間や詳しい人からしたら「いや、築地はやっぱりアジールなんだよ」ということになるのかもしれない。)
現実的に考えると、市場内部の方針やルールは一定程度内部で決定しているよ、という意味かなとは思うけれど、だとしたらアジールという比喩はちょっと神秘めかしすぎてる(「ポエム」だ)。治外法権的な高度な自治が与えられているはずもないし、内部のことを内部で決定している程度の意味だとしたら、それは現代の他のどんな場所においても程度問題的に当たり前の話なのでは? 築地においてなにが特殊なのかちょっとわからないし、それによってどのような特殊な事態が生まれているのかもやはりまだわからない。(でもやはり私は築地を知らないので……)
中沢さんの文章全体の主張は、築地市場には価値があるから保全するべき、というもので、それ自体は変な主張じゃない 。たぶん築地市場には文化的な価値があるのだと思う。でも中沢さんの文章からうかがわれる(意味があるとしたらこういう意味なのだろうと私が想像した)文化的・宗教的価値は、おそらくなんらかの内輪の世界の価値で私には伝わってこない(価値というのは常に内輪のものかもしれないけれど、より広い範囲に共有される価値ではないと思う)。私としては「人間と自然の共存」という文化的価値観を共有していないし、もし私が何かを決定する立場だとしたら、この情報では築地を残すという方向に行けないよなあと思った。

中沢新一さんの築地論は下記の対談でも述べられているようなので後で読む。もしかしたらこちらを読んだら中沢さんの言っていることがよくわかるようになり、上で私が言ったことを取り消したり修正したりしたくなるかも。紹介されていた三冊の本も読んでいないし。
築地市場を「第二の新国立競技場」にしてはいけない(中沢 新一,森山 高至) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

長くなってしまったので今日の日記はこれだけ。

2017年6月24日土曜日

6月24日の日記:本屋、ウォーキング、書式なしのペースト

午前中は掃除。
午後はアイドルタイムプリパラ第12話「打て!アイドルタイムグランプリ」を半分視聴。虹色にのちゃんはキャラデザだけを観ていた段階では勢いで行動するお気楽キャラみたいな印象だったけれど、本編に登場すると実は意外と小難しいことを考えている中学生だった。この子プリパラの世界に迷い込んだ竜ヶ崎怜ちゃんなのでは?

二時頃に墓参をしてから帰り道に本屋へ。長年お世話になっていた街の本屋だけど、近々閉店してしまうらしいので最後の買い物。入ってすぐの特集のコーナーに、「本屋はなくならない」「本は面白い」などのテーマの本がたくさん並んでいて悲しくなった。住んでいる街から本屋がどんどん消えていく。最後の記念に村上春樹の『女のいない男たち』と仲正昌樹の『現代思想の名著30』を買って帰った。

夕方にウォーキングをしてから少し走った。前回(火曜日)は走った直後から筋肉痛が出て、今日まで痛みが長引いていたので、今日は前回より短めに、ペースもゆっくりと走った。

『キルラキル』というアニメは、悪役の鬼龍院羅暁サイドには近親相姦/同性愛/性的虐待の描写・イメージがあって、それに対して主人公の流子たちのサイドには「健全な友情」とか「異性愛」のイメージ付けがなされているような気がして、そこがかなり嫌なポイントだと思う。気がして、というか、そういう意図があるらしいということを羅暁に洗脳された流子が同性の縫にキスをするシーンで確信した。
近親相姦・性的虐待はともかくとして、同棲愛をそういう「邪悪」な「逸脱」の描写に持ってくるというのはかなりどうかと思う。性の面ではいろいろと信用の置けないアニメだと思う(一目瞭然かも)。
せめて主人公サイド(鬼龍院皐月サイドも含めて)に、明確な同性間の性愛描写が「邪悪」や「逸脱」でない仕方で描かれていたら(蛇崩乃音とか)、単に羅暁が悪いやつだからその性愛描写も悪い描写になるんだよ、ということになったのに。

文章を普通にコピー・アンド・ペーストすると書式もついてきちゃうのがわずらわしいと思っていたのだけど、調べたらMacなら環境設定をいじればデフォルト(⌘+Vのショートカット)で書式なしのペーストができるようになるらしい。かなり快適なので情報をシェアします。↓
これで解放!コピーした文章を書式なしでペーストする3つの方法 - ゼロツク

2017年6月23日金曜日

6月23日の日記:デレステ、エロマンガ先生、キルラキル、ふわっとろ宇治抹茶わらび黒蜜入り

朝からウワーとなっていたのでかなりガッツリ休んだ。
午前中はアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージというスマホゲームを久々に遊んだ。たのしい。諸星きらりさんが元気に踊ってくれるのでえすにも元気になる。

午後はエロマンガ先生第11話、キルラキル第20話〜第22話を視聴。
『エロマンガ先生』は回想回。エロマンガ先生のネット人格が男口調なのは、会話の相手のマサムネ先生が男子だったからそれに合わせたからなのか、それともそれ以前から、ネット処世術的に男性口調で掲示板などの書き込んでいたのだろうか。出会う前から出会っていたというのはお約束的展開だけど盛り上がる。俺の妹がこんなに可愛いわけがないのひとたちが揃って登場してびっくりした。
『エロマンガ先生』にはヒロイン紗霧さんの決めカット(通称紗霧カット)だけを担当する「紗霧アニメーター」という役職があるらしいのだけど、毎回「ここが紗霧カットだな」「ここらへんで来るな」と思いながら観るのが楽しい。今回は爪切りのシーンはいわゆる紗霧カットというやつに含まれるのでは!?と思ったけどどうだろう。

キルラキルは先月初め頃から少しずつ観ていたのだけど、リアルタイムで観ていたときより面白く観ることができている。話がもう最後までわかっているということが、面白さにプラスに左右しているのかもしれない。推しは針目縫さんです。ボクっ子だから。

プリパラの配信最新話も観ようと思っていたけどキルラキルをいっぱい観たのでやめた。

セブンイレブンの「ふわっとろ宇治抹茶わらび黒蜜入り」を食べました。このふわっとろなわらび餅のお菓子のシリーズはいつもは100円でコンビニお菓子としてリーズナブルなんだけど、宇治抹茶わらびは税込み120円で包装もちょっと違って高級路線っぽかった。味はTwitterにもつぶやいたけど、橘真琴くんが秘め続けた凛への苦い感情でした。おいしかった。

2017年6月22日木曜日

6月22日の日記:人間のキャラデザはおかしい、髪の色とか目の色とか

人間の顔は区別できるように作られていないしキャラデザがおかしいとおもう。一つのアニメに目の色も髪の色も同じ人間ばかりいたら覚えられるはずがないし、もっと三白眼とかツインテールとか筋肉とか常につけている髪飾りとかで判別がつくようにしてほしい。ということをお風呂に入りながら考えた。

人間の顔の区別がつかないのは人間に興味がないからで、結局私が悪いのでは?と悩むこともあるのだけど、いや、そんなことは絶対にない、大変興味をもっている相手でも私は顔の区別がつかないぞ、という実例もあるので、興味関心の問題ではないはず。もしかして病気なのだろうか、という予感はあるけれど、病院に行って「あなたは病気です」ないしは「あなたは病気ではありません」といわれたところで、どちらにせよどうにもならないことなのでどちらかはっきりさせようという気は起きない。

個別的な人間とほとんどかかわらない生活をしているので、大抵は困らないのだけど、やはりそれでも時々は困ったことがある。
たとえば顔見知りを意図せず無視してしまうとか、反対に顔見知りだと思って知らない人に挨拶して不審に思われるとか。

私はわるくない、顔で人間を区別する社会慣習がわるい!とやつあたりしたくなることもあるぞ。

「私はあなた方の顔の区別がつきません」とあらかじめ言っちゃえば楽になるかなと思ったけどたいていこの発言は本気に取られないので困りものです。

今日は暑かった。家に帰る途中ふいにエロマンガ先生のEDテーマ(TrySailの「adrenaline!!!」)を聴きたくなったのでその場で250円でダウンロードして聴きながら帰った。TrySailってなんだかハイスクールフリートのOPテーマ歌ってたひとたちに名前も歌声も似てるなと思ってたのですが、似てるんじゃなくてズバリそのものだったみたいです。TrySail(3人組)のひとたちはハイスクールフリート本編にも声優として出演していたからてっきりハイスクールフリートのために結成されたユニットだと思い込んでいたけれどそういうわけではなかったらしい。ハイフリのOPも買おうかな。

2017年6月21日水曜日

6月21日の日記:疲れてサイダーを買って飲んだ

疲れた!以上!!!

疲れてウワーとなったので50年ぶりくらいに自動販売機でサイダーを買った。ダイドー。110円。
炭酸飲料は苦手なのであんまり買わないのだけど甘いものが飲みたくなった。飲んだら思ったより炭酸が強くなくて甘くもなかったので「飲みやす〜い」と言った。

なぜ人間は気温や気圧に精神を左右されるのか?
鋼鉄の肉体(環境に左右されないという願いを込めた比喩)がほしい。

2017年6月20日火曜日

6月20日の日記:レジュメ8000字、キルラキル、ジョギング

今日は8000字書いた。筆が乗りすぎたし、今まで書いた部分をいろいろ縮めなくてはいけないような気がする。それでいて、まだ書く予定の内容が30%くらい空白のままになっている。間に合うのかなあ。疑わしい。
昼下りのちょうどいいところで散歩に出たかったのだけどずっと書いていたので出かけられなかった。

夕方にキルラキルの第20話を半分くらい観た。鬼龍院羅暁はディズニーの悪役みたいでかっこいい。

まったく運動していなかったので、夕食後に2キロだけ走った。たぶん走るのは半年ぶりくらいだと思う。

眼鏡のフレームが歪んできているし、レンズも傷がついて全体的にひどい有様になっているので早めに買い換えたい。次買うならインテリっぽい眼鏡がいい。外見だけでもインテリになりたい。

2017年6月19日月曜日

6月19日の日記:レジュメ3K字を書いて老人と鴨を見た日

レジュメ。今日は3千字。当日までにはどうにかなりそう、という根拠のない予感。

やはり一日家にこもっているより、休憩をかねて散歩に出るほうがよいと思ったので、夕方に散歩。川沿いを歩いていたら見知らぬご老体に「変わった鳥が飛んでいますね」と話しかけられて、見たら鴨だった。そんなに変わっているかなあと思いつつ、「この川はいろいろな鳥がいますね。鷺なんかも飛んで来るんですよ」という話をした。会話はほぼそれだけで別れたけど、その後しばらく鳥のことが気になって、道々の電線にオナガ(?)やシジュウカラ(?)が止まっているのを観た。鳥類にくわしくないので確かにオナガやシジュウカラだったかはわからない。

午前中は京あかが見たくてゆるゆりの単行本を1巻から15巻まで読んだのだけど、なんだこの漫画は、おかしい、おもしろすぎると思うことになった。歳納京子さんと赤座あかりさんが仲がよろしくてかわいらしい。
あと宝石の国も読んで無性学苑ハーレム百合漫画!と思った。