2017年6月25日日曜日

6月25日の日記:中沢新一の築地論

中沢新一さんが今日(2017年6月25日)の朝日新聞の読書のページに、3冊の本を紹介しながら築地市場について語っていたのを読んだ。「人間と自然が共存する聖域」という見出し。(web版はこちら
私は築地市場には行ったことがないし、いわゆる築地問題になんらコミットしていないので築地問題そのものについて何かを言う立場にないのだけど、この文章は悪い意味での「ポエム」だなあと思った。意味ありげな表現はあるけれど伝達すべき内容がないように見えるという意味で。そういう意味でのポエムじゃないとしたら、宗教的プロパガンダと言おうか。中沢さんの記事は中身がないか、読み取れるとしたら私的な宗教的メッセージが含まれていた。
中沢さんの文章によると、築地市場とは「人間と自然が一体となり、のびのびと活動」する場であり、都の管理する公の市場でありながらそうしたことが可能になったのは「この市場が一種のアジール(聖域)として、外の世界からの影響を直接受けにく」かったかららしい。
ここで言う人間と自然が一体となるとか、築地市場がアジールであるという言葉は私にはその意味がよくわからない。たとえば、漁業資源の持続的な利用がそこで行われているという意味で「人間と自然が一体となる」と言っているのだとしたら、理解ができるけど、たぶん文脈などから推測するに、中沢さんの言っていることはそういうことじゃない。むりやり読むとしたら、中沢さん的なある種の宗教の方面があるかなあと思う。
中沢さんの自作のユーカラ(『芸術人類学』117–127ページ。ユーカラというのはアイヌの叙事詩のこと)では、鯨の神さまが肉として人間に食べられて、人間も鯨もよろこぶというお話が語られている。なので、あるいは記事で言う「人間と自然が一体となる」というのもそういうことなのかなあとは思う。けれど、はっきりとはわからない。少なくともこの文章だけからは受け取れなかった。でもだとしたら、それは中沢さんの宗教的というか神話的というか、そういう独特な理解の仕方であって、築地の魚が人間に食べられて喜んでいるという主張を公の議論に持ち込んで何かを説得しようとするのは、ちょっとどうかと思う。(どうかと思うというのはうまい手段じゃないと私が感じるという意味)
築地市場アジール論の方はもうちょっと意味不明で、アジールというのが比喩なのだろうということはわかるけれど、私には築地市場とアジールとに似ているところがあるようには思われないから、不適切な比喩なのではないかと考える。アジールというのは、外部の法律が適用されない、そこに逃げ込むと犯罪者が罪に問われないような空間のことを言うはずだけど、築地市場がそんな無法地帯だったというような気はしない。(もっとも私は築地を知らないので、内部の人間や詳しい人からしたら「いや、築地はやっぱりアジールなんだよ」ということになるのかもしれない。)
現実的に考えると、市場内部の方針やルールは一定程度内部で決定しているよ、という意味かなとは思うけれど、だとしたらアジールという比喩はちょっと神秘めかしすぎてる(「ポエム」だ)。治外法権的な高度な自治が与えられているはずもないし、内部のことを内部で決定している程度の意味だとしたら、それは現代の他のどんな場所においても程度問題的に当たり前の話なのでは? 築地においてなにが特殊なのかちょっとわからないし、それによってどのような特殊な事態が生まれているのかもやはりまだわからない。(でもやはり私は築地を知らないので……)
中沢さんの文章全体の主張は、築地市場には価値があるから保全するべき、というもので、それ自体は変な主張じゃない 。たぶん築地市場には文化的な価値があるのだと思う。でも中沢さんの文章からうかがわれる(意味があるとしたらこういう意味なのだろうと私が想像した)文化的・宗教的価値は、おそらくなんらかの内輪の世界の価値で私には伝わってこない(価値というのは常に内輪のものかもしれないけれど、より広い範囲に共有される価値ではないと思う)。私としては「人間と自然の共存」という文化的価値観を共有していないし、もし私が何かを決定する立場だとしたら、この情報では築地を残すという方向に行けないよなあと思った。

中沢新一さんの築地論は下記の対談でも述べられているようなので後で読む。もしかしたらこちらを読んだら中沢さんの言っていることがよくわかるようになり、上で私が言ったことを取り消したり修正したりしたくなるかも。紹介されていた三冊の本も読んでいないし。
築地市場を「第二の新国立競技場」にしてはいけない(中沢 新一,森山 高至) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

長くなってしまったので今日の日記はこれだけ。

2017年6月24日土曜日

6月24日の日記:本屋、ウォーキング、書式なしのペースト

午前中は掃除。
午後はアイドルタイムプリパラ第12話「打て!アイドルタイムグランプリ」を半分視聴。虹色にのちゃんはキャラデザだけを観ていた段階では勢いで行動するお気楽キャラみたいな印象だったけれど、本編に登場すると実は意外と小難しいことを考えている中学生だった。この子プリパラの世界に迷い込んだ竜ヶ崎怜ちゃんなのでは?

二時頃に墓参をしてから帰り道に本屋へ。長年お世話になっていた街の本屋だけど、近々閉店してしまうらしいので最後の買い物。入ってすぐの特集のコーナーに、「本屋はなくならない」「本は面白い」などのテーマの本がたくさん並んでいて悲しくなった。住んでいる街から本屋がどんどん消えていく。最後の記念に村上春樹の『女のいない男たち』と仲正昌樹の『現代思想の名著30』を買って帰った。

夕方にウォーキングをしてから少し走った。前回(火曜日)は走った直後から筋肉痛が出て、今日まで痛みが長引いていたので、今日は前回より短めに、ペースもゆっくりと走った。

『キルラキル』というアニメは、悪役の鬼龍院羅暁サイドには近親相姦/同性愛/性的虐待の描写・イメージがあって、それに対して主人公の流子たちのサイドには「健全な友情」とか「異性愛」のイメージ付けがなされているような気がして、そこがかなり嫌なポイントだと思う。気がして、というか、そういう意図があるらしいということを羅暁に洗脳された流子が同性の縫にキスをするシーンで確信した。
近親相姦・性的虐待はともかくとして、同棲愛をそういう「邪悪」な「逸脱」の描写に持ってくるというのはかなりどうかと思う。性の面ではいろいろと信用の置けないアニメだと思う(一目瞭然かも)。
せめて主人公サイド(鬼龍院皐月サイドも含めて)に、明確な同性間の性愛描写が「邪悪」や「逸脱」でない仕方で描かれていたら(蛇崩乃音とか)、単に羅暁が悪いやつだからその性愛描写も悪い描写になるんだよ、ということになったのに。

文章を普通にコピー・アンド・ペーストすると書式もついてきちゃうのがわずらわしいと思っていたのだけど、調べたらMacなら環境設定をいじればデフォルト(⌘+Vのショートカット)で書式なしのペーストができるようになるらしい。かなり快適なので情報をシェアします。↓
これで解放!コピーした文章を書式なしでペーストする3つの方法 - ゼロツク

2017年6月23日金曜日

6月23日の日記:デレステ、エロマンガ先生、キルラキル、ふわっとろ宇治抹茶わらび黒蜜入り

朝からウワーとなっていたのでかなりガッツリ休んだ。
午前中はアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージというスマホゲームを久々に遊んだ。たのしい。諸星きらりさんが元気に踊ってくれるのでえすにも元気になる。

午後はエロマンガ先生第11話、キルラキル第20話〜第22話を視聴。
『エロマンガ先生』は回想回。エロマンガ先生のネット人格が男口調なのは、会話の相手のマサムネ先生が男子だったからそれに合わせたからなのか、それともそれ以前から、ネット処世術的に男性口調で掲示板などの書き込んでいたのだろうか。出会う前から出会っていたというのはお約束的展開だけど盛り上がる。俺の妹がこんなに可愛いわけがないのひとたちが揃って登場してびっくりした。
『エロマンガ先生』にはヒロイン紗霧さんの決めカット(通称紗霧カット)だけを担当する「紗霧アニメーター」という役職があるらしいのだけど、毎回「ここが紗霧カットだな」「ここらへんで来るな」と思いながら観るのが楽しい。今回は爪切りのシーンはいわゆる紗霧カットというやつに含まれるのでは!?と思ったけどどうだろう。

キルラキルは先月初め頃から少しずつ観ていたのだけど、リアルタイムで観ていたときより面白く観ることができている。話がもう最後までわかっているということが、面白さにプラスに左右しているのかもしれない。推しは針目縫さんです。ボクっ子だから。

プリパラの配信最新話も観ようと思っていたけどキルラキルをいっぱい観たのでやめた。

セブンイレブンの「ふわっとろ宇治抹茶わらび黒蜜入り」を食べました。このふわっとろなわらび餅のお菓子のシリーズはいつもは100円でコンビニお菓子としてリーズナブルなんだけど、宇治抹茶わらびは税込み120円で包装もちょっと違って高級路線っぽかった。味はTwitterにもつぶやいたけど、橘真琴くんが秘め続けた凛への苦い感情でした。おいしかった。

2017年6月22日木曜日

6月22日の日記:人間のキャラデザはおかしい、髪の色とか目の色とか

人間の顔は区別できるように作られていないしキャラデザがおかしいとおもう。一つのアニメに目の色も髪の色も同じ人間ばかりいたら覚えられるはずがないし、もっと三白眼とかツインテールとか筋肉とか常につけている髪飾りとかで判別がつくようにしてほしい。ということをお風呂に入りながら考えた。

人間の顔の区別がつかないのは人間に興味がないからで、結局私が悪いのでは?と悩むこともあるのだけど、いや、そんなことは絶対にない、大変興味をもっている相手でも私は顔の区別がつかないぞ、という実例もあるので、興味関心の問題ではないはず。もしかして病気なのだろうか、という予感はあるけれど、病院に行って「あなたは病気です」ないしは「あなたは病気ではありません」といわれたところで、どちらにせよどうにもならないことなのでどちらかはっきりさせようという気は起きない。

個別的な人間とほとんどかかわらない生活をしているので、大抵は困らないのだけど、やはりそれでも時々は困ったことがある。
たとえば顔見知りを意図せず無視してしまうとか、反対に顔見知りだと思って知らない人に挨拶して不審に思われるとか。

私はわるくない、顔で人間を区別する社会慣習がわるい!とやつあたりしたくなることもあるぞ。

「私はあなた方の顔の区別がつきません」とあらかじめ言っちゃえば楽になるかなと思ったけどたいていこの発言は本気に取られないので困りものです。

今日は暑かった。家に帰る途中ふいにエロマンガ先生のEDテーマ(TrySailの「adrenaline!!!」)を聴きたくなったのでその場で250円でダウンロードして聴きながら帰った。TrySailってなんだかハイスクールフリートのOPテーマ歌ってたひとたちに名前も歌声も似てるなと思ってたのですが、似てるんじゃなくてズバリそのものだったみたいです。TrySail(3人組)のひとたちはハイスクールフリート本編にも声優として出演していたからてっきりハイスクールフリートのために結成されたユニットだと思い込んでいたけれどそういうわけではなかったらしい。ハイフリのOPも買おうかな。

2017年6月21日水曜日

6月21日の日記:疲れてサイダーを買って飲んだ

疲れた!以上!!!

疲れてウワーとなったので50年ぶりくらいに自動販売機でサイダーを買った。ダイドー。110円。
炭酸飲料は苦手なのであんまり買わないのだけど甘いものが飲みたくなった。飲んだら思ったより炭酸が強くなくて甘くもなかったので「飲みやす〜い」と言った。

なぜ人間は気温や気圧に精神を左右されるのか?
鋼鉄の肉体(環境に左右されないという願いを込めた比喩)がほしい。

2017年6月20日火曜日

6月20日の日記:レジュメ8000字、キルラキル、ジョギング

今日は8000字書いた。筆が乗りすぎたし、今まで書いた部分をいろいろ縮めなくてはいけないような気がする。それでいて、まだ書く予定の内容が30%くらい空白のままになっている。間に合うのかなあ。疑わしい。
昼下りのちょうどいいところで散歩に出たかったのだけどずっと書いていたので出かけられなかった。

夕方にキルラキルの第20話を半分くらい観た。鬼龍院羅暁はディズニーの悪役みたいでかっこいい。

まったく運動していなかったので、夕食後に2キロだけ走った。たぶん走るのは半年ぶりくらいだと思う。

眼鏡のフレームが歪んできているし、レンズも傷がついて全体的にひどい有様になっているので早めに買い換えたい。次買うならインテリっぽい眼鏡がいい。外見だけでもインテリになりたい。

2017年6月19日月曜日

6月19日の日記:レジュメ3K字を書いて老人と鴨を見た日

レジュメ。今日は3千字。当日までにはどうにかなりそう、という根拠のない予感。

やはり一日家にこもっているより、休憩をかねて散歩に出るほうがよいと思ったので、夕方に散歩。川沿いを歩いていたら見知らぬご老体に「変わった鳥が飛んでいますね」と話しかけられて、見たら鴨だった。そんなに変わっているかなあと思いつつ、「この川はいろいろな鳥がいますね。鷺なんかも飛んで来るんですよ」という話をした。会話はほぼそれだけで別れたけど、その後しばらく鳥のことが気になって、道々の電線にオナガ(?)やシジュウカラ(?)が止まっているのを観た。鳥類にくわしくないので確かにオナガやシジュウカラだったかはわからない。

午前中は京あかが見たくてゆるゆりの単行本を1巻から15巻まで読んだのだけど、なんだこの漫画は、おかしい、おもしろすぎると思うことになった。歳納京子さんと赤座あかりさんが仲がよろしくてかわいらしい。
あと宝石の国も読んで無性学苑ハーレム百合漫画!と思った。

2017年6月18日日曜日

6月18日の日記:レジュメ、イベリコ豚、モヤモヤさまぁ~ず

今日は二千字弱だけど内容的に詰まっていた箇所が進んだのでよしとする。
かなり疲れがたまっている。もしかすると風邪かもしれない。
昨晩は早めに寝たし、今日は昼寝もしたので頭の疲れは感じないけれど、身体がだるい。だるいと集中が長続きしない。やっぱり毎日コンスタントに同じ字数を書くってできませんね。

夕飯はイベリコ豚を食べました。脂が不飽和脂肪酸でオリーブ油と同じうんぬんという情報を事前に読んで「そんな大げさな」と思っていたけれど、いざ口に入れたら脂の甘味が口の中にふわっと広がって、それがぜんぜんしつこくなくサラサラと夢のようになくなって、豚すごいと感動した。

夜はモヤモヤさまぁ~ずを観た。今日は先週に続いてパリ。ラーメンやトリュフやフォアグラやケーキやバゲットを食べていて美味しそうだった。楽しかった。でも、この番組は長年見続けているけど、1時間半になってから取れ高を稼ぐために引き伸ばしているなと思わせるシーンが心なしか増えたように感じてそこがちょっと残念(1時間の番組から1時間半の番組に変わったのももうずいぶん前のことだ)。今回はそのように感じるシーンはありませんでした。

今書いているレジュメが終わったら、ずっと更新していないゆるゆりのブログでゆるゆりのトイレ回特集記事を書きたい。絶対に書きたい。画像も引用する。私はゆるゆりのトイレ回に興味があるひとなので……

NHKスペシャルの睡眠負債の特集を予約している。私は睡眠に興味がある。数年間朝日が登ってから眠る生活を続けていたことがあるのだけど、そのときは相当めちゃくちゃなことになって、頭も身体もつらかった。スマートフォンの睡眠アプリで睡眠を管理し始めてからは、当時ほど体調や精神がめちゃくちゃになることはなくなりました。睡眠は大事。

2017年6月17日土曜日

6月17日の日記:レジュメ、ドキュメント72時間

レジュメ。今日は2000字しか進まなかった。
ドキュメント72時間のモスクの回を観た。おもしろかった。
今日は暑かった。
ボーっとしてばかりでぜんぜん頭が働かない。たぶん昨晩寝るのが遅かったせいか、あるいは暑くて夏バテ気味なのか、連日のPC作業で疲れているのか、それともまったく未知の理由か、あるいはこの中の任意の原因2つ以上の組み合わせによるものだと思う。
とりあえず進んだは進んだ。

お昼ごはんのあとにスナック菓子のカールを食べた。きっと人生最後のカール。おいしかったです。

2017年6月16日金曜日

6月16日の日記:レジュメ、アイドルタイムプリパラ、エロマンガ先生

今日もレジュメ。5000字進んだ。いいペース。
昼寝をした。
16時ころからアイドルタイムプリパラ第11話「投げろ!アイドルタイムグランプリ」とエロマンガ先生#10「和泉マサムネと年下の先輩」を観た。
プリパラは本当は10話のにのちゃんライブをもう一度観たかったのだけど、10話の無料配信が終わって11話の配信が始まっていたのでこちらを観た。今回もにのちゃん回。虹色にのちゃんかなり好きと自覚。夢川ゆいさんは今回主人公っぽかった(いつも主人公)。
エロマンガ先生はムラマサ先輩回。ムラマサちゃん、中学生だったんだ。高校生だと思ってた。本編でエロマンガ先生が一度も素顔を観せなかった気がする。
ほかはとくになにもない。雨が降った。ちょっと気温が上がった。

2017年6月15日木曜日

6月15日の日記:レジュメ、虹色にのちゃん

曇りのち晴れ。涼しい。
レジュメを3000字書く。全体がたぶん2万字強くらいになるはずで、今8000字なので、あと12,000字。1日2Kのペースで継続して書けるとしたら6日間で完成する。もうちょっと早く終わらせたい。そんなにうまくいくだろうか。うーん。

今朝は夢をいくつかみて、そのうちのひとつで私は幼児だった。幼児の私は癇癪を起こして、母が大切にしている姿見を割ってしまい、悲しませた。私は罪悪感によってうずくまり、硬直した。母は姿見を片付け、もと姿見のかけてあった壁に絵を飾った。私は母が壊れた姿見を捨てないといいと願うが、どうしようもない。
現実にも母には長年使用している姿見があるが、しかしそれを特別に大事にしている様子はない。夢の中には亡くなった家族も登場していた。

夕方にアイドルタイムプリパラ第10話の、にのちゃんのライブシーン前後だけを観る。今まで気づいていなかったけれど、虹色にのちゃんは頬の赤さが強調されていてかわいい。プリパラ内でのシルエットなどは〈物語〉シリーズの斧乃木余接さんの印象に近いと思った。かわいい。

今日はまだ明るいけどこれで終わり。

2017年6月14日水曜日

6月14日の日記:図書館、世界ネコ歩き

図書館で重い本を3冊、雑誌を1冊借りた。帰り道カバンが重すぎて泣けた。泣いてない。
帰宅後に雑誌から論文を一編スキャンしてPDFにした。紙が古色蒼然としすぎていて、スキャナの調整に手間取る(暗くすると全体が影になって見えないし、明るくすると文字が白飛びする)。古い雑誌のPDFの文字がかすれていて読みにくいわけがよくわかった。

家に帰る途中、スーパーをうろうろしたけれど買いたいものがなかった。カップのバターチキンカレーをまだ探しているけどたぶんもう見つからない。本屋でアントナン・アルトーの新しい文庫(『タラウマラ』宇野邦一訳、河出書房新社)を見つけてほしいなあと思ったけど買わずに帰る。あと、筑摩書房の木村英樹『中国語はじめの一歩〔新版〕』と吉田久一『近現代仏教の歴史』も読みたい。近代仏教関連の本が近年よく出版されているっぽい?

夕食後に世界ネコ歩きのコッツウォルズの回を見る。冒頭の仲のいい猫のきょうだいがよかった。

2017年6月13日火曜日

6月13日の日記:文房具屋、アイドルタイムプリパラ10話、テスタメントシュピーゲル3上

曇り時々雨。寒い。午前中は文房具屋へ行って名刺サイズの情報カードを買った。100枚入りを2セット書いたかったのだけどひとつしかなかった。帰り道七森中☆ごらく部の歌を聴いて楽しくなった。じょうだんと思われるかもしれませんが、私はアニメの歌を聴くと敬虔な気持ちになります。

文献の整理。レジュメ。いろいろ間に合わない。

本をコピーしながらアイドルタイムプリパラ第10話「助っ人アイドル始めたっす!」を視聴。虹色にのちゃんかわいい。ライブもよかった。

晩御飯のあとにウォーキング。右足が痛かったのですぐに帰ってきた。

昨晩冲方丁『テスタメントシュピーゲル3上』を読了。主人公側の反転攻勢。全部のピースが揃っていく。おもしろかったけれど、ちょっとこの巻だけでは展開の起伏が足りなく感じたかも。雛さんに友達(?)ができてよかった。すっかりたくましいアウトローに。あと、涼月の「あたくし様」って台詞ぜったい言うと思った〜よかった〜。


2017年6月12日月曜日

6月12日の日記:文献整理

晴れ。と思う。外に出ていない。快晴かも。
午前中からレジュメのための文献整理。整理していくうちに、参照すべき文献の数がどんどん増えていく。参考文献リストが100行くらいになってしまった。これでもまだ全部じゃない。残り時間を考えると、現実的にはそんなにたくさんの文献を利用できるはずがないので、これからどんどん切り詰めなければならない。どんどん間に合わないような気がしてきたけどたぶん大丈夫。
名刺サイズの情報カードの在庫がなくなってしまったので明日買いに行く。

お昼はカップヌードル(シーフード)。野菜ジュースも飲んだ。

20分昼寝。眠れなかったので目をつむっただけ。

文献を整理したり内容をメモしたりする作業の合間に、テスタメントシュピーゲル3上を読む。

筋トレをしたくなったので17時頃からエロマンガ先生#9「妹と妖精の島」を観た(アニメを観ながら軽いダンベルを持ち上げる習慣)。レジュメが気になって内容がぜんぜん頭に入らない。エルフ先生のお兄さんが髪をセットしたままお風呂に浸かっていることに気づいた。
おやつにチョコブッセを食べた。

まだ明るいけど今日の日記はこれで終わり。

2017年6月11日日曜日

6月11日の日記:図書館、文献カード

晴れてさわやか、梅雨入りが嘘のよう。
午前中は図書館へ行き本を返したり借りたり。セブンイレブンでもちとろバニラを買って、これはおやつに食べた。最近コンビニのお菓子にはまりすぎている。帰り道の道路脇の植木の葉っぱの上におおきな芋虫がいた。

昼食後に30分昼寝。

文献カードに記録されていない文献がいくつもあることに気がついて午後はその整理をした。新たな文献を検索したりしているうちに夢中になって夕方になった。

今日はとくに他にはなにもしていない。
この2、3日少し寝付きが悪かった(布団に入ってから本を読んだせいだ)ので今日は早く寝たい。昼寝をしても夜に眠る時間が遅くなってしまってはよくない。読んでいた本はテスタメントシュピーゲル3上。面白くて寝不足になる。

2017年6月10日土曜日

6月10日の日記:運動会の音、扇風機、習字教室

くもり。朝から遠くの学校の運動会の音が聴こえる。スピーカーを通した音楽や号令はおろか、スピーカーを通さない大勢の「いちに、いちに」という掛け声まで。高い建物の多く、様々な騒音のある現代の都市環境においても声を合わせれば数キロさきまで肉声が届くのだから、おおむかしの平原での合戦の鬨の声などずいぶんとおくまで響いたことだろう。

10年使った扇風機が壊れたので新しいものを買っていただいた。電気屋に並ぶ扇風機たちは10年前のそれとは形が違っていて、すごくかっこよいというのではないけれど、今風でシンプルなデザインで好ましいなと思った(丸みが少なく、様々な円筒形の組み合わせでできている)。DCモーターの恩恵で音も静かで消費電力も安いとのこと。ありがたい。
リヴィング用のLEDシーリングライトも選ぶ。店員にのせられる。店員に上手にのせられて決めてしまう買い物は楽しい。

あいかわらずのメモとノート作り。やればやるほど面白いけれど、そろそろ切り上げて文章を書かなきゃいけないんだよなあと頭の片隅の思案。だんだん現実逃避めいてくる。

夕方は習字教室で行書を書く。数年前に進学したことを今さら(偶然と他のお弟子さんの親切心から)先生に打ち明けることができて、先生からは「心配していたけれど私からは訊ねにくかった。それを聞いて安心した」とコメントをいただいた。心配してくれているのかなとなんとはなしに思いつつも、報告さしあげるタイミングを逃してしまいここまできたわけで、私としても喉につっかえているようなところがあったから、そのつっかえがとれてよかった。字も比較的気持ちよく書けたので、愉快な気持ちで帰る。

2017年6月9日金曜日

6月9日の日記:メモ作り、昼寝、タモリ倶楽部

日差しもありつつのくもり、夜は雷雨。湿度50%強の夏日。

今日もメモとノート作り。先行研究に乗っかって、それを批判するという方向を考える。面白い話がいろいろ出てきてよろこぶ。

昼食後にエアコンをかけて布団を敷いて昼寝。布団を敷くことを「ふとんをひく」と言ってしまうのは関東のことばと思っていたけど逆で関西のほうが「ひく」で関東は「しく」らしい。本当ですか。昼寝はしたほうが調子がよくなるのでなるべくしたい。

『花に染む』の最終巻を読もうと思ったけれど、なんとなくこわくてやっぱりやめる。花に染むの主人公花乃さんのことをジェネリック山崎宗介として見ているところがあるのだけど他人には通じない見方かもしれない。

夕食後にタモリ倶楽部の「役に立たない機械」の後編。空耳アワーの賞品を示す装置も役に立たない機械だと思う。あんた舐めろ。

今日はキットカット一個、パインアップル、バニラアイスを食べた。

2017年6月8日木曜日

6月8日の日記:スズメ、スプライトシュピーゲル、エロマンガ先生

くもり、雨、晴れ。ちょっとむしむし。へんな天気だけどへんなままに。

電車内で近くの人々に大きな声で会話されると特別不快になる理由の考察。逃れられないから。(私はもともと人間が会話しているのを聞くのが好きではない)

スズメにご飯を上げた。私が現れるとスズメたちが近くに寄ってきてくれるような気がしてちょっとうれしい気持ちはあるけれどそれは気のせいかもしれない、彼らは人間なら誰にでも近寄るのかも知れず、また人間など眼中になく好き勝手に跳ね回っているだけかもしれない。それでも大勢の小鳥を間近で見られるのはうれしい。今日は手から直接ごはんを食べてもらえた。野生動物に餌を与えることの是非。(よくない感じはする)
昨日はネズミを見て、ネズミが特別嫌いなわけではないけれど、でも野生のネズミに食べ物を与えようとは思ったことがないな。

スプライトシュピーゲル4巻を読み終えたので、今日はテスタメントシュピーゲル3の上巻を読む。混乱した街を走る機関車。
シュピーゲル・シリーズがアニメ化した際の声優は誰がいいか勝手に考えるなどする。涼月は悠木碧さん、夕霧は黒沢ともよさん、鳳は斎藤千和さん、乙は田村ゆかりさん、MPB副長は平川大輔さん(もっと神経質そうな声質のかたがいいかもしれない)、シャーリーンは林原めぐみさん。どうでしょうか。それにしても私は、原作を先に読んだ作品の翻案(アニメ化、実写化、小説化、漫画化)は消費しないルールを自分に課しているので、シュピーゲル・シリーズが本当にアニメ化したとして、そのときそのアニメを観ないだろうとは思われるのですが、それでもアニメ化した様子を考えると楽しい。

そのような(先に原作を読んでいるアニメは観ない)自己ルールがあるので、アニメ化しそうな作品は、アニメ化するまで待つ、などの手を思いつくようになりました。困ったものなのが、1クールアニメで原作の途中までを映像化するような場合、2期が放送されるまでに原作を全部読んでしまうか、映像化されていない部分は読まないで置くべきか、このあたりの判断がつかないことです。翻案物を消費したあとに原作を読むのはぜんぜんありです。

午後にはエロマンガ先生#8「夢見る紗霧と夏花火」と#9「妹と妖精の島」を視聴。9話は山田エルフ先生メインのバカンス回。タイトルロゴまでいじられててうわあーとなった。8話で出てきた和泉先生と同業者の獅童国光先生は、8話も9話も好ましくないシーンばかり印象に残ってしまってどう思えばいいのかわからない。公式サイトのキャラクター紹介のページにもいないしメインの登場人物ではないのかもしれない。次回は千住ムラマサ先生回。

カップのヨーグルトとキットカット個包装一袋とバナナ一本とお米ほろほろひとつとバナナアイスを食べた。今日も間食しすぎ。
夕食はイベリコ豚のロールキャベツ(!)。脂の甘味があっておいしかった。

図です。

2017年6月7日水曜日

6月7日の日記:ゼミ、スプライトシュピーゲル、ウォーキング

くもり。もっと涼しいかと思ったけど意外と暑かった。喉が渇いたので自販機のポカリスエットを購入。150円。

ゼミに出た。図書館で本を返して、借りた。

電車で本を読んだ。冲方丁のスプライトシュピーゲル4巻。もうすぐ読み終わる。これの次は、テスタメントシュピーゲル3上まで飛ばす。

帰宅後、借りてきた本をスキャンしたりメモしたり。
自分の頭で考えたと思ったことが、先行研究に既に書かれているのを発見してうわあーとなる。発見してよかったけど発見したくなかった。

夕食後にウォーキング。

2017年6月6日火曜日

6月6日の日記:レジュメ、さつまりこ黒蜜きなこ味、アイドルタイムプリパラ

メモとノート作り。レジュメの序文も書き始める。書いている間も苦しいし、書いてない間もストレスになる。間に合うのかどうか、ということが不安の種になるし、たぶん間に合うだろうけど、間に合わせるためのこれからの根の詰め方を考えると憂鬱になるし、発表当日の人びとの視線や、発表内容へのツッコミを思うとどんどん自信がなくなる。前に発表をしたときはブルーな気持ちが一ヶ月間続いた。

お昼にさつまりこの黒蜜きなこ味を食べた。黒蜜ときなこの風味がしっかりしておいしい。今まで食べたさつまりこのなかで一番好きな味かもしれない。

午後はアイドルタイムプリパラ第8話「ライスをねらえ!」と第9話「おしゃれスタジオ始めたっての」を観た。にのちゃんとちあこがかわいい。チアガール部のツンデレ口調の子(なんだからね)より、ちあこの方がツンデレじゃない? 頑固な寿司職人。ちあこいちおし。

夜はマツコの知らない世界の水族館の特集を観た。観ながらアイスモナカを食べた。間食をしすぎかもしれない。
ダンベルを持ち上げてから寝る。

2017年6月5日月曜日

6月5日の日記:あじさい、レジュメ、買い物

晴れて涼しい。北関東でもあじさいの蕾が開き始めた。南より一・二週間は遅い。
レジュメのためのメモとノート作り。今日はよく進んで、昨日の遅れを取り戻せたことと思う。作業が進展したことによってかえって明らかになったのだが、このまま計画通りに資料の収集、分析、レジュメの文章作成をしていくと、どうやら時間が大幅に足りないことがわかった。仕方がないので、先日から考えていた一次資料を本格的に扱うのは次回にまわして今回は参考程度に留めることとし、レジュメの計画の規模を縮小して今手元にある文献だけでどうにかするしかない。

午後は散歩がてら買い物。情報カード、ボールペン(Signo)の替芯と、値下げ処分品となっていたじゃがりこの塩レモン味とオリーブ&ガーリックを購入。じゃがりこを買うペース>食べるペースなので、家にじゃがりこがたまってる。

夕食後にウォーキング。シロツメクサの群生を確認。

デスクトップの背景をエロマンガ先生のキャプチャにした。#1の「触らないで」のカット。この前後のやりとり(「けっこう片付いてるな」「うん」「えらいぞ(紗霧の頭に手を置く)」「……ないで」「ん?子ども扱いしないで?」「さわらないで!」「あはは……」「そこに座って」「やっぱり触って?」「そこに、座って!」)は、#1時点では和泉正宗のラノベ主人公的な難聴となれなれしさをあらわすシーンと思って流してしまうけど、あとになってから見返すと、赤の他人の異性として和泉正宗に接してる紗霧さんと、家族として和泉紗霧に接してる和泉先生のズレがどうしようもなく表出してしまっていることに気づく味わい深いシーンなんですね。
家族愛ごっこの和泉先生と異性愛ごっこのエロマンガ先生の異種格闘技戦。





2017年6月4日日曜日

6月4日の日記:草むしり、ラーメン、お米ほろほろ

午前中は家の周りの草むしり。以前は私が土を踏み、草を抜くたびに命が失われていくことを恐れたけど、今は特になにも感じない。感じないことがいいことだとも思わない。

お昼はラーメン。
おやつに「お米ほろほろ」というお菓子を食べて、これが感動するほどおいしかった。ほろほろと溶ける。あまい。おいしい。

お昼前にメモづくりをした以外は、今日はぜんぜん勉強できてない。
Twitter見すぎた。

今日はもうおしまい。

2017年6月3日土曜日

6月3日の日記:バターチキンカレー、ツバメの巣、もちぷにゃ

涼しい風が吹いていて気持ちがよかった。夏が終わってしまったかのようだけど、中旬にもなれば梅雨入りして、いずれ風が涼しいなんて思えなくなるだろう。

晴れていたので午前中は布団を干して、掃除。
そのあとは今日もレジュメのためのメモとノート作り。

お昼にはレトルトのバターチキンカレーを食べた。神田のmandaraというお店の味を再現したカレーだそうで、たしかにお店っぽい味だった。思ったより辛くておいしかった。モナカアイスも食べた。

夕方に散歩。子育て中のツバメが巣に飛び込んでいくところを見かけた。ツバメはたいてい家の軒下に巣作りをするけど、人間が軒下のある家をたくさん建てるよりもまえの時代はどこで暮らしていたのだろう。おおきな木? 崖?

セブンイレブンで「もちぷにゃ」というお菓子を購入。家に持ち帰って食べる。クレープのようなもちもちした生地にクリームがつつまれていてなかなかおいしい。でも少し前に食べた「もちとろバニラ」の方が、常温の「雪見だいふく」感があって好きだったかも。
クレープという食べ物は好きなんだけど、よく考えてみると今までちゃんとおいしいクレープを食べた記憶がない。私はなにが好きなんだろう。クレープの概念を愛している。私が食べたのがたまたまそれほどでもないクレープだっただけで、クレープ自体のポテンシャルは高いはずなんだと信じていたい。


2017年6月2日金曜日

6月2日の日記:資料閲覧、〜のためには、テスタメントシュピーゲル最終巻7月1日発売

今日は暑い!と覚悟して出かけたのにそうでもなかった。どうして? 夏もう終わっちゃった?
昨日書いた、面倒な場所にある本を見に行った。とりあえず2冊参照する。すごく役に立ちそうな気もするし、そうではない気もする。時間があまりなかったので、とりあえず目次と、これはと思った箇所をメモして、今日のところは立ち去る。来週の水曜?か木曜ならもう少し時間をかけられるはず。

授業に出た。面白かった。

往復の電車の中ではTwitterばかり観ていて、勉強もしなかったし、読書もしなかった。

帰宅後に「劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束」の予告を観た。明朝体の「蘇る、あの日の幻影」ってテロップに動揺。

正しい用法なのに個人的に違和感がある日本語の話。
「(人名)にとっては」の意味で「(人名)のためには」という表現をする例を、森鷗外の『渋江抽斎』で読んで、不思議に思っていた。「抽斎はわたくしのためには畏敬すべき人である」みたいなやつ。なんだかへんな感じがする。
書いたのが鷗外だから、てっきりドイツ語の語法を日本語に置き換えて使っているのだと思っていた。のだけど、今日たまたま明治以前の日本語の文章でこの「ためには」の用例を発見して、普通に昔からある表現だったんだ、と驚いた。
「ため(為)」を『大辞林』(三省堂、1988年)で引くと、3番目の用法として「ある物事に関することを表す。…にとって。…に関して。『君の—よくない』『彼の—には育ての親に当たる人』」とあるし、辞書にも掲載されてる完全に普通の言葉遣いらしい。なんで知らなかったんだろう。だけど、これを知ってもなお、「ため」という言葉はどうしても「役に立つ、利益になる」という意味に思えて、「について」という意味とは思えない。
こういう言葉は他にもあって、受動文などの動作の主体をあらわす格助辞(詞)カラにどうしてもなじめなくて、文章や会話でそれに行き当たると、そこは〜ニであるべきじゃないかとおもってしまう。でも同じく大辞林で調べると、「から」の5番目の用法として「動作・作用の出どころを表す。『君—聞いた話』『おやじ—おこられた』」とあって、「に」の7番目の用法「動作・作用の起こるみなもとを表す。『人—ぶたれる』『盗人—金をとられる』」と同じ意味だ。それはわかっているんだけど、なぜか私には〜カラというのは動作の主体というより、場所をあらわす助辞のように思えるんですよね。「駅から5分」みたいに。
なぜだろう。

夕食に餃子を食べた。餃子は好き。栃木県民なので(関係ない)。
その後にタモリ倶楽部を観る。早稲田大学の学生が作った役に立たない機械。

テスタメントシュピーゲル3下 (最終巻)の発売日が決まったらしくて楽しみ。今年の7月1日。
冲方丁は「最後のライトノベル」と言ってるらしいけど、そんなこと言わずまた書いてよと思ってる。今はやめるつもりでも、大江健三郎だって何度も(?)断筆してるんだし、冲方丁もそのうちまたライトノベルを書き始めるかもしれない。

2017年6月1日木曜日

6月1日の日記:レジュメ、アイスモナカ、エロマンガ先生と「家族」対「好きなひとのお嫁さん」

雨が降ったり止んだり晴れたりまた降ったり。
先日に続いてメモとノート作り。この段階は作業としては一番楽しいところ。これらを素材として文章化する段階になって苦しみがやってくる。文章化は自我が論理に攻められる過程。
レジュメに書く内容はかなりはっきりしてきたが、まだ材料が足りない。主張の根拠になる一次資料が全くない。エビデンスとは。
一次資料になりそうなものは見当をつけているのだけど、参照が面倒な場所(物理)にあって、先延ばしにしている。明日がんばる。

お昼にコープ(生協)のアイスモナカを食べた。すごくおいしかった。なぜおいしいのか考えたのだけど、最中の内部のバニラアイスに微細な気泡がたくさん含まれていて、それが適度なかたさ/やわらかさと綿のような食感、口溶けのよさを生んでいるのだと思う。アイスモナカはよい食べ物。幼時、家族と公園に行った日に食べさせてもらった記憶。

夕方にエロマンガ先生#8「夢見る紗霧と夏花火」を再視聴して、それから#8ラストの「家族」をめぐる会話が気になって#1「妹と開かずの間」を観た。エロマンガ先生=和泉紗霧さんと和泉マサムネ先生とは兄妹とは言っても義理の兄妹だし、最初から二人は性愛の意味で愛し合っているように見えるし、妹萌えとか近親愛はブラフで普通の男女愛じゃん、と思っていたのだけど、そうではないんだなということが#8ではっきりしてきた。
「やっとわかった。兄さんは家族が欲しいんだ」
「うん、俺は家族が欲しい」
「私は、兄さんを家族だなんて思ってなかったし、兄さんの妹になんてなりたくない。でも、しょうがないから、ちょっとだけ妹のふりをしてあげる」
(#8「夢見る紗霧と夏花火」)
「……家族なの? 私たちは」
「そうだろ。こうして一緒に暮らしてるんだからな」
「……そう。私はそう思ってない。一緒に暮らしていることを、家族とは言わないもの」
「……?」
(#1「妹と開かずの間」)
和泉先生が初めて「妹」の部屋に入った#1と、#8の打ち上げの疑似家族的な共食の後に交わされる、対応・反復する家族をめぐる問答。
#1の時点では、和泉先生の台詞は単に、ヒロインの望む言葉(恋人)を与えないラノベ主人公的言動かと思っていたのだけど#8ラストの吐露によって、それが文字通りの意味での本音だったことが了解できる。そういう和泉先生の感情(家族への執着)の側から二人の関係を追ってみると、「兄妹 」がブラフなんじゃなくて、むしろ和泉先生から紗霧さんへの異性愛の方がミスリードだったんじゃないかと思えてくる。
そもそも最初から和泉先生はちょっとへんで、いくら義理の妹で、そのうえ運命的な恋の予感を感じているのだとしても(#1冒頭の演出はそういう風に見える)、一度顔を合わせて短い会話しただけの相手が、それ以来一度も再会することなくそれでいて一つ屋根の下に二人きりでずっといるなんて、普通なら気まずくて気持ちの悪いシチュエーションだと思う。でも「家族」に執着している和泉先生にとってはそれで全然よくて、「家族」である誰かが同じ家に生きているということ、それだけでその「家族」を愛する理由になるのかもしれない。たとえわがままな引きこもりでも。むしろ「妹」が引きこもりであることは、どこかよそに行って死ぬ可能性がない分、安心できるのかも。だから部屋から引きずり出そうとはしないし、学校に行かせようとも思わない。それで満足している。そして現在の「家族」としての生活をいつまでも守りたいと思っている。はっきり言って気持ちが悪い。
和泉先生にとっては、自分の「家族」であるということは、それだけで愛する理由になる。だからたとえば1年前に実の父親が連れてきたのが紗霧さんではない別の人間だったとしたら、たぶん和泉先生はその「妹」を「家族」として受け入れ、現に「妹」である紗霧さんを愛しているように愛しただろう。そういう事実がたぶん和泉紗霧を苛立させる。
「兄さんの妹になんてなりたくない」と言う紗霧さんは、小説家としての和泉マサムネ先生にずっと昔から恋をしていて、その彼と一つ屋根の下で暮らすことになったことに運命を感じている。「やっぱり、兄さんが和泉マサムネ先生だったのね。(…)同じ名前だなって思ってただけ。本当に同一人物だなんて、どんな確率なの」

紗霧さんは#1からずっと兄さん=和泉先生を「異性」として意識しているそぶりを見せている。それに対して和泉先生は妹=紗霧=エロマンガ先生の頭を撫でたり、自分より年少の「家族」として交流しようとする。
和泉先生は年少の「妹」にエッチなイラストを描かせていたことを謝罪するが、「兄さん」を異性として意識しているエロマンガ先生は「エッチ」という言葉に反応して切れる。兄さんのバカ!にぶちん!ラノベ主人公!
うーん葛藤!
私は、このアニメどうするのかなと心配していたんですよ。
両思いが#4の時点ですでに確定してるわけだし、和泉先生が勘違いでフラれたの思っているのだとしても、その勘違いを引っ張るだけでこれからラブコメ続けるの?どうなんだそれは、と思っていました。
でもエロマンガ先生のラブコメとしての核心は、どうやらその勘違いだけではなくて、「家族愛」と「性愛」の排他性、「妹」を一方では異性として見ながらもそれよりも「家族」になりたい和泉マサムネと、「好きなひとのお嫁さんになりたい」から「家族」になんてなりたくない和泉紗霧さんとの対立にあったんですね。擬制としての近代家族と、男女の自由恋愛イデオロギーと、肉体と感情をもった実存との相克・三つ巴じゃん。やるじゃん、『エロマンガ先生』。
昨日の日記では「エロマンガ先生以外へのルートには進まなそう」とか「悪く言えば緊張感にかけるし、よく言えば安心して観られる」と言ったけど、この調子だと和泉先生とエロマンガ先生の「恋愛」がどうなるのかすらわからないのでは?と思い直す。和泉先生は紗霧に妹=家族を求めるし、エロマンガ先生は兄さんを恋愛対象として見つつ(「私は好きなひとのお嫁さんになりたい」)も一時的に家族を演じる(「ちょっとだけ妹のふりをしてあげる」)。同原作者の前作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も、解釈次第では「家族愛」が「性愛(近親愛)」に勝ったとも言える(兄は最後まで妹を性愛の対象として見てなかったかも)し、『エロマンガ先生』も和泉正宗−紗霧の間で最後に勝つのは「家族愛」で、「異性愛」の対象としては和泉先生は他の任意の誰かを選ぶのかもしれない。エロマンガ先生がどんなに和泉先生を愛しても、和泉先生は妹=紗霧=エロマンガ先生を家族として愛するがゆえに、その愛に気づかないのだ。ラノベ主人公的にではなくむしろ主体的に、あえて気づかないふりをする。わはは。
ところで、山田エルフ先生は売れっ子作家だからてっきり学校なんて行ってないのかと思っていたけど、ちゃんと高校?中学?に籍を置いていて、学生をやっているようなので安心しました。「てか、どうしたの、今日のあんた素直じゃない? エルフ先生に惚れちゃった?」「惚れてない。けど、おまえが俺の姉貴だったらよかったのな、って」「……(デコピン)」「いてっ!」「……あんたみたいな弟いらないわ。ふ、ばか!」って一体何なんだ。なんなのだいったい。

夜は先日途中まで観たプロフェッショナル仕事の流儀の続きを観た。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ。猫が若い大型犬に乗ってフミフミする画を撮れてご満悦の岩合さん。プロフェッショナル仕事の流儀は最後にかならず困難が起きて、それが解決して、テーマ曲が流れて終わるな、と思った。

2017年5月31日水曜日

5月31日の日記:ゆるゆり15巻、エロマンガ先生#7・#8、芋のサラダ

午前11時前に外出。昨日までと暑さの質が違って、むしむしとした暑さだった。だんだん屋外の移動がつらい季節になる。
『ゆるゆり』15巻を購入。特装版付録小冊子「綾乃ちゃんのおともだち」を読んだ。念のためネタバレを避けつつ(?? 避けられてないかも)感想を言いますが、期待にそった内容の、よい漫画でした。「おともだち」が2通りに解釈できる。メインの綾乃ちゃん以外の部分で言うと、隠れた結京あかを感じて萌えました(結京あか者なので)。京子ちゃんの仕草に結あかが反映されてるっぽい。



じっくりコトコトのバターチキンカレーを相変わらず探しているのだけど、まだ見つからない。県内のセブンイレブンでしか探してないので、(1)セブンイレブンには入荷してないので見つからない、(2)栃木県には出回ってないなどの理由が考えられる。今度は南関東で探す。覚えていたら。

午後は家でエロマンガ先生の#7「妹と世界で一番面白い小説」と#8「夢見る紗霧と夏花火」を視聴。アニメを週に1話ずつ観るのが好きではない(そのように観たアニメは経験上、比較的つまらなく感じやすい)ので、放送中のアニメを観るときは苦肉の策で最新話とその少し前までの話数を合わせて2+n週分を続けて観ることにしている。1話ずつ観るよりは没入感が生まれるけど、この方法でもやはり、もっとまとまった量を観るときよりは面白くないと感じる。もうちょっと貯めてから観るという手もあるけれど、それはそれで視聴と視聴の間隔が空いてしまって不満。放送中のアニメに手を出さないのが吉かもしれない(でも放送中に出会ったからこそ観るアニメというのもあるんですよね)。
エロマンガ先生#8はエロマンガ先生の登場シーンが多くてよかった。新たに男性の登場人物が出てきたけど、いまいち重要性が薄い。彼は原作でもずっとそのような人物なのか、単に今はまだ活躍の機会が来ていないだけなのか、アニメでは限られた放送時間でヒロインたちを引き立てる都合上で彼の存在感が消されてしまったのか、いずれともわからない。
思っていた通り俺の妹がこんなに可愛いわけがないの黒猫さんとその姉妹も登場した。台詞まであると思っていなかったので少し驚く。
自分のことを好きな相手に「おまえが姉貴だったらいいな……」と言い、両片思いの相手には「家族になってあげる」と言わしめるマサムネ先生。
エロマンガ先生も俺の妹がこんなに可愛いわけがないと同様、ノベルゲーム的に主要女性キャラ全員に「攻略」の可能性がありそうな人間関係になっているけれど、エロマンガ先生以外へのルート(ルート?)には進まなそう。悪く言えば緊張感にかけるし、よく言えば安心して観られる。好きな人のお嫁さんになりたい。了解。
紗霧さんとめぐみさんの友情ルートは次はいつ観られる?

その後は勉強。メモとノート作り。

芋のサラダを作った。茹でた芋の皮をむくのに手間取ったことと、味がしょっぱくなりすぎたことが反省点。芋4個を使用して、半分ほどたいらげる。食べすぎた。

中村元の本(『中世思想』)を読んでいたら、西洋のロザリオと東洋の数珠は起源が同じで、ロザリオ(薔薇が語源)という言葉自体もサンスクリット語の数珠(やはり薔薇の意味に読める)から来ているという説が紹介されていたのですが、本当でしょうか。

2017年5月30日火曜日

5月30日の日記:アイカツスターズ!、ビーフン、プロフェッショナル(岩合光昭さん)

今日はずっと家にいた。庭の水やりをする以外には一度も玄関の外に出なかった。
午前中はアイカツスターズ!第56話「キャッ!と注意報」、第57話「キラキラ☆お散歩びより」、第58話「ミラクルオーディション!!」を視聴。
あこちゃん回と思ったらレイさん回、きららちゃん回と思ったらローラちゃん回、たい焼きかと思ったらフランス人形だった。57話のきららちゃんの動きがいちいちあざとくてかわいかった。公式サイトの予告によると、少し先の第61話はあこちゃん、すばるくん、ゆめちゃんの回になるらしいので楽しみ。その3人の組み合わせが好きなので。
観ている最中にインターホンがなって、カメラで見たらある宗教の勧誘のひとらしかったので、応対するか居留守するか迷っているうちに去っていった。郵便受けに何か入れていったので確認したら、マッサージ屋の広告だった。ドアホン越しにみるかぎりでは、どうみてもポスティングのバイトのひととか、マッサージ屋の人間には見えなかった。なぜマッサージ屋のチラシを入れていくのか不審。

お昼は冷凍食品のビーフンを食べた。辣油を少したらして食べるのがお気に入り。チンするだけだけどかなり美味しい。冷凍食品以外のビーフンを食べたことがない。

午後はTwitterを見すぎた。まあいいや、多分大丈夫。

夕食後に昨日録画しておいたNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」の、動物写真家岩合光昭さんの回を半分くらい観た。BSプレミアムの「岩合光昭の世界ネコ歩き」のファンなので、その撮影の様子が知れて楽しかった。ネコが好きだから観ているんだけど、あの番組はやはり岩合さん自身の魅力も含めての番組と思う。ただの世界ネコ歩きじゃなくて、岩合光昭の世界ネコ歩きなんだよな〜と認識。

先月末から今月半ば頃まで調子がすごく悪かったのだけど、この1週間ほどは自分でも驚くくらい元気。溌剌としていて、なんでも思ったらすぐにできる。忘れ物もすくない。いつもこうありたいものだけど、これをずっと、というのは見通しが甘いんだろうな。調子が悪くなっても生活レベルを保ち続ける余裕や工夫、あるいは、生活レベルが下がってもいいやとの諦めが必要です。

2017年5月29日月曜日

5月29日の日記:紫外線、スプライトシュピーゲル4巻、アイドルタイムプリパラ7話

今日は日差しが強かった。夏みたいな感じだ。こういう日に外出すると、目が紫外線にやられて炎症を起こす。インドア派の軟弱な眼球に夏の太陽はやさしくない。一生遮光カーテンの内側で寝ていたい。とまでは思っていない。

図書館に本を返して、取り寄せた資料を受けとる。
今日も外でお昼を食べる。こういうことをしているから目が痛くなる。脈絡なく『ダ・ヴィンチ・コード』と『薔薇の名前』のことを考えながら、スズメにごはん粒をなげてやった。

思ったよりも電車の乗り換えがスムーズに行って、予定より小1時間早く家に帰ることができた。
電車内では『スプライトシュピーゲル』の4巻を読む。「世界統一ゲーム」が終わって、最初の証人が殺されて、乙が目を潰されたあたりまで。しばらく前に、同日の事件を描いた『オイレンシュピーゲル』の4巻を読んだばかりなので、二つの話のリンクの仕方がわかって面白い。

帰宅後にアイドルタイムプリパラ第7話「そふぃがやってクール!」を視聴。アライグマ。

今日は自分のみっともない自尊心とか虚栄心を発見して、そのこと自体に自尊心を傷つけられた。ひとによく思われたい、という気持ちがどうしようもなくあって、さまざまなことを損なっている。
真宗には「信心深いと思われるより牛泥棒と思われる方がよい」という意味の言葉があって、その言うところの気持ちがわからない教えだと思っていた(「牛泥棒?」)のだけど、今日、自分のみっともなさに情けない思いをしながら、なんとなくその言葉が浮かんできて、恥じた。

2017年5月28日日曜日

5月28日の日記:図書館、大相撲、乳首

午前中は図書館に行った。なんだかにぎやかな音がするなと思ったら図書館の隣でお祭りをやっていた。屋台の出店でFree!やラブライブ!の海賊版グッズ(と思われるもの)が売っていた。綿菓子もあった。少し心惹かれるけど素通り。図書館に本を返して(ちょっと延滞してた)、10冊借りて帰る。

午後は勉強が進んだ。借りてきた本を読みつつ、思いもよらないところにヒントを見つける。
大相撲夏場所千秋楽を観る。北の富士さんの相変わらずの毒舌。好きです。白鵬関の久々の全勝優勝を見れてよかった。

夕方はTBSの世界遺産の番組を観る。ボルネオ島のキナバル自然公園。子育て中の類人猿の乳首って絶対に長いな、と思った。ということを家族に言ったら、人間のように乳房が大きくないから、乳首が長くないと赤ちゃんがくわえにくいのではないかとの回答。なるほど感ある。

なんとなく悲しい気分になってくるのは明日が月曜日だから。

2017年5月27日土曜日

5月27日の日記:墓参り、レジュメ、習字教室

早朝、爆発音で目が覚めた。夢うつつにとうとうミサイルが振ってきたのかと思ったけど、近所の小学校の運動会の開催を報せる合図だったらしい。雨が降っているのに。

午前中は掃除後の墓参り。霊園は木々の豊かな場所で、この時期はウグイスがよく鳴いている。朝方から降っていた雨はでかける直前にやんで、曇ってはいるが悪くない空気だった。お墓の花瓶を洗おうとしたところ、中からナメクジが2匹出てきてぎょっとした。ブラシでかきだして草の上に放置。達者で。

お昼に炒飯を食べてから、かなり長い時間Twitter(ツイッターを見ないつもりの日だったんですけどね)。楽しかったのでよかった。

夕方、大相撲の幕内を観ながらレジュメの参考文献を整理する。
よく使っていたデータベースに昨日アクセスできなくなって、閉鎖してしまったのか?ショックと思っていたけど、今日はちゃんとアクセスできて安心した。サーバーメンテとかだったのかも。安心。でも、ネット上の情報はいつなくなるかわからないから、参照できるうちに参照しておこうと決意。個人サイトやPixivのアカウントも一瞬で消える。悲しい。

夕食後に習字教室。ペン字を書いた。心身の調子によって字の出来上がりが変わる。字は全然下手なのだけど、週に1回のペースで真剣に書いていると、自分の調子を把握できていい。いくらか落ち込んでいても、字を書いたあとは笑顔になれるし(たいていは)。数少ない楽しみ。

2017年5月26日金曜日

5月26日の日記:睡眠、授業、『スプライトシュピーゲル』、ヒラギノ明朝ProNとヒラギノ明朝Proの違い

昨晩は布団に入ってからもずっと、昨日そのことについて記事を書いた論文のことを考えていて、興奮して寝つけなかった。睡眠アプリで記録された睡眠時間がかなり短くなった(5時間33分)ので、今日は一日中眠くてうとうとするかと思ったけど、電車の移動中も授業中も居眠りしなかった。完全に寝入ってはいなくとも、横になって目をつぶっていれば疲れはとれると改めて実感。

授業に出た。家を出発するのが遅くなってしまったので間に合わないかと思ったし、間に合わなくていいかなとも思っていたけど、ぎりぎりで間に合った。授業内容が面白かったので出てよかった。学校には行ったほうがいい。専門と関係ない講義だけど、話に刺激されて、今用意しているレジュメに書く内容をちょっと思いついた。大学の図書館に寄ってから帰る。

往復の電車では『スプライトシュピーゲル』第3巻と、4巻の最初までを読んだ。3巻ラストの3人の特甲児童がリヒャルト・トラクルの乗った車を止めるために、武器無しで道路に立ちはだかるシーンを読んで胸が熱くなった。「あれじゃ文字通りの特攻じゃん」と思う気持ちもあるのだけど、感動してしまう私もいる。冲方丁自身も、あの冬馬視点での地の文は感動しながら書いてたんじゃないかって感じがする。児童が自ら特攻するすることに感動する私。


昨日日記に書き忘れたことを思い出した。
ひとつ、『エロマンガ先生』視聴中、ストレッチとか筋トレに使うゴムバンドを両手で伸ばしていたら、とつぜんゴムが一瞬にして破断した。びっくりした。
ふたつ、ビッグコミックオリジナルに『あかぼし俳句帖』という気に入ってる漫画が載っていないことに気づいたので、「最近載っていないんだね」と人に言ったら、とっくに最終回を迎えていると教えられてびっくりした。
さん、フォントのこと。ヒラギノ角ゴとか丸ゴとか明朝のフォントにうしろにNがついているものとついていないものがあって、どういう違いだろうと思っていたのだけど、その謎が解けた。

ヒラギノ明朝ProNとヒラギノ明朝Pro。
ほとんど変わりないんだけど、それぞれ下から2番目の「祇辻飴葛蛸鯖鰯噌庖箸」だけ字体が違う。「祇」の示偏がProNは「示」そのままの形だけど、Proは「礻」になっていたり、「辻」の之繞がProNでは二点之繞になっていたり。
検索したら詳しく説明しているサイトがでてきた(「ProとProN、StdとStdNの違い - フォント専門サイト fontnavi」)。
なんでも字体が違うのは祇etc.を含む168字で、「Std・Proなど、Nのつかないフォントでは略字風の「JIS90字形」」「StdN・ProNなど、Nつきのフォントでは旧字風の「JIS2004字形」」ということで、それぞれ依拠している規格が違うらしい。
なんとなくNの字体のほうがカッコイイ気がするので、これからはNつきのフォントを使おうかなと思った。

2017年5月25日木曜日

5月25日の日記:エロマンガ先生、カツサンド

昨晩布団に入ってから小説に夢中になってしまって寝つくのが遅くなった。そのせいで今日はやや寝不足ぎみ。

午前中に『エロマンガ先生』#6「和泉マサムネと一千万部の宿敵」と#7「妹と世界で一番面白い小説」を視聴。美少女が出てきたらもうその瞬間に和泉先生に恋をしていてすごい。千寿ムラマサ先生は「くっ」と言いそうなヒロインでかわいいと思う。次回は黒猫さんが出てくるらしいので楽しみ。和泉先生と『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のひとたちはほぼ同じ年齢なのだろうか。

お昼はパン屋のカツサンドを食べた。カツが揚げたてでおいしかった。あとインスタントのクラムチャウダー。

なにか書こうと思っていたことがあったけれど忘れた。今度はメモしておこう。

R-18小説を引用した例の論文について(5月30日追記)

某SNSのR-18小説が、先日公開されたとある論文に利用されていた件が炎上していた。
そのことについて、研究倫理などの点から批判するツイートがバズって(?)いたけど、あまり納得できない意見が多かったので、論点(になっている、なりそう)と思ったところと私の考え方を書いてまとめる。ただし、その論文自体は10秒ぐらいしか見ていないし、すでに非公開にされていて論文の内容を再び確かめることができないので、以下の内容はおぼろげな記憶と(この件を問題にしているツイートからの)推測とによっている。

(1)論文に使われたことについて、小説の著者が不快に思うということ。
→妥当正当
とくに作品について「猥褻」という表現が使われていたそうなので、この点については不快に思うだけではなく、怒っていいと思う(「わいせつ物」とか「わいせつ文書」という言葉を連想させるし、犯罪扱いしているとも受け取れる表現なので)。
また、こうした創作物については、それを同好の士による世界以外の「一般」の場に持ち込んではいけない、という暗黙の了解、「常識」があり、そのルールをおかされて、自分の作品が「利用」されたことについて「晒された」という意識をもつのも理解できる。

(2)自分たちの文化に理解のない相手に、自分たちやその作品を取り沙汰されたくない。
当然の感覚。ただし、誰でも正当な範囲で、物事を取り上げて評価したり利用したりすることができる。(その際、他者の感情に配慮すべきことは当然として。)

(3)転載なのでよくない。
引用の条件を満たした、正当な利用だったと思う。

(4)論文著者たちは許可を取るべきだった。
引用に許可は不要。
(ただし、一般論としては不要だが、今回の件については、許可を求めていれば小説著者の感情を害さずに済んだかもしれない。)

(5)個人情報の扱い方が不適切。
小説のタイトルやハンドルネーム、URLなどの情報は個人情報とは言えない。著者名を隠すべきだったという意見もあるが、出典を明示しなければ引用の要件を満たせない。

(6)SNS上の小説はプライベートな文章か?
公開公表された著作と思うが、微妙。
たとえば、公開公表されていない手紙やメールなどについては引用してはいけないことになっている(LINEのやりとりとか勝手に晒しちゃだめだよ)。今回のSNS上の小説は、そうしたプライベートな文章だろうか?
今回の論文に利用された作品は、会員制のSNS上にあるとはいえ、引用された時点で基本的に誰でも見られる文章だったので公開公表された著作物としてとらえるのが普通と思う。しかし、R-18で公開されていたこと(R-18作品はそのSNSに登録し、自らR-18作品を見られる設定をしなければ、見ることができない)から、プライベートな文章だったと主張することは、絶対に不可能ではないかも。その場合は、引用ではなく、不当な利用だったと言わざるをえない。
*追記(2017年5月30日17時56分)
文化庁の著作権についてのページ(2017年5月30日参照)によれば、著作物を提供・提示する相手方=「公衆」とは「『不特定の人』又は『特定多数の人』」であって、特定多数の「多数」とは「一般には『50人を超えれば多数』」ということです。このページの公衆についての解説は、無断で上演などをされない権利についての注釈ですが、著作者本人による公表の場合も同様と思います。
「公表」の定義自体については著作権法第4条を参照。
つまり、特定多数の50人以上の会員に向けて提示されている今回の小説は、公表されている著作物とみなせるようです。なので、上記の線で消した箇所は取り消します。合わせて「公開」と書いていた箇所を「公表」に訂正。

(7)論文著者たちはどうすればよかった?
まず、「猥褻」のような表現は、小説の著者を傷つけかねないので、配慮すべきだった。
また、こうした創作物の著者が、自分や自分の作品を無許可で「晒され」たくないと感じていることについて、理解しておくべきだった。ただし、こうした感情やルールは特殊なものであり、埒外の者にはうかがい知ることのできないものかもしれないので、知らなかったことについて、責められない。
そこで(公開された著作物の正当な引用に本来許可は不要だが)、論文公開の前に、小説著者たちに連絡を取り、了解を得ていれば、お互いのルール・立場を理解し合うことに通じ、こうした衝突は避けられたことと思う。引用された小説は著名な小説家等による商業作品ではなく、アマチュアによる趣味の作品(だと思う)だったので、そのくらいの気遣いはあってもよかったかも。しかし、それをしなかったことについても責められない。
すでに論文は非公開とされているので、それが論文著者たちによる措置なら、事後のとりあえずの対応としてよかったのではないか。


*追記(2017年5月30日15時19分)
いい記事があったのでシェアします。

pixivのBL引用炎上の件:腐女子に別方向で頑張ってほしい

この件について引き続き意見を読んだり、ひととTwitterで話したりしているうちに、追加で考えたいことがあったのでそれについてのメモを書きはじめていたんだけど、上の記事がえすにの書きたかったこと+それ以上のことを含んでいて、かつ1億倍わかりやすくて、丁寧で、公平な文章なので、こちらを紹介すればいいじゃんと思ったので、しました。

*追記(2017年5月30日17時56分)
立命館pixiv論文問題Q&A

こちらの記事も問題点が箇条書きでわかりやすいのであわせてどうぞ。
「不特定の誰か1人以上、あるいは50人くらいの人数より多くの特定多数に公開することを公表といいます」の箇所は勉強になりました。これを参考に本記事の内容((6)SNS上の小説はプライベートな文章か?)を訂正しました。
紹介されている公表権についての判例も面白かったです。
中田選手の書籍出版事件
プロサッカー選手の中学の卒業文集に掲載された詩が、書籍に利用された事件。
「詩を掲載した中学の卒業文集は300部以上配布されたことから、公表権の侵害とはならない」とあって、卒業文集のようなものであっても、特定多数に配布されていれば既に公表されたものとみなされるようです。(ただしこの事件では引用の正当性自体は認められていない。)
引用については、著作権法32条と文化庁の解説している引用の条件をどうぞ。

2017年5月24日水曜日

5月24日の日記:『宝石の国』7巻、Touch ID

『宝石の国』第7巻を購入。フォスフォフィライトちゃん第何形態?どんどん美人になる。
ラピス・ラズリちゃん、完全にエッチな受けのお姉さん(概念)じゃない?

iPhoneのOSを10.3.2にアップデートしたら「このiPhoneではTouch IDをアクティベートできません」と表示されて指紋認証が使えなくなった。再設定もできない。困った。
と思っていたら、先ほど再度試したら今度は指紋を再登録できた。とりあえず治った(?)のでよかったけど、使えなくなった原因も、使えるようになった原因もわからないので不安。

カプに萌えると、そのカプに対して負債が生じ、二次創作をすることでその負債を一部返すことができるという観念があることに気づいたが、謎の考え方だ。


2017年5月23日火曜日

5月23日の日記:加奈子

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(1期)の第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない -GOOD END-」を視聴。先にTrue routeの12話を観ていたので、こっちのエンディングはちょっとむりやりだなと感じた。エピローグで桐乃さん・あやせさん・加奈子の3人がモデルの仕事をしている映像が流れたのがよかった。これで『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』シリーズのアニメを全部観てしまった。

原作にも興味があったので、どんな内容なのか近所の古書店に確認しに行く(家の近所にある書店が古書店だけ)。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』原作第6巻他があったので手に取ってパラ見。ちょうど加奈子の登場シーンで、加奈子が電子タバコをくわえて「ションベン行く」と言っていてショックを受けた。加奈子、君はアイドルなんだよ。加奈子。

加奈子のことが好きという気持ちもいつか風化して消えてなくなってしまうのかと思うと憂鬱になる。どうしようもない。どうすることもできない。

2017年5月22日月曜日

5月22日の日記:加奈子のライブ、担担麺、FFT

午前中に『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の第14話・15話・16話を観た。感想は一つ前の記事に書いた。
さすがにもう加奈子の登場はないかなと思っていたところに、15話でいきなり加奈子のライブが始まって舞い上がった。光る棒を振りたかったのだけどなかったのでダンベルを振ったら肘が痛くなった。しかたがないのでそのあとは「加奈子……好き……加奈子、加奈子、加奈子」と言いながら暴れていた。
高坂京介は高坂桐乃と結婚するし、えすには加奈子と結婚する。それでいい。
最終回視聴後は行きどころのない感情を感想記事にぶつけた。

教科書を読んだり、参考になりそうな本を読んだりもした。

録画しておいたマツコの知らない世界を夕食後に視聴。担担麺とモバイルバッテリー。担担麺が食べたくなった。紹介されていたお酢の入った担担麺が美味しそうだった。

気温がさすがに真夏すぎたけど夜になったら涼しくなってラッキー。まだ夏じゃないと思うので夏みたいな気温になってほしくない。

グミの人が日記でiOS版のFFTについて、AppStoreのレビューで操作性が最悪とされていてがっかりしたということをおっしゃっていたけど、私はそんなに不自由には感じませんでした、と個人的な意見表明。以前遊んでいた。(でも使えるはずだったiCloudでのセーブ機能が使えないのはどうかと思う。一般論としてコンシューマからスマホへの移植作は、販売元の意欲が低そう。)
先日リンクされたのでリンクし返してみた。Webっぽい。

窓の外からピアノで『アナと雪の女王』のLet It Goを弾いてる音が聴こえてきてますます涼しい。

近親愛フィクションとしてのアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第14話から最終回第16話までを観た。もう長い期間このアニメに付き合っていたような気がするけど、1期の第1話を観たのが先週の日曜日(5月14日)なのでまだ1週間しか経っていない。最後の最後は期待とは違うエンディングで、すごく複雑な気持ちになっている。

以下、ストーリーのネタバレを入れるのでここで分割。

2017年5月21日日曜日

5月21日の日記:夏、『KING OF PRISM』、文献カード

今日は一日家にいた。いきなり夏が本格参戦でびっくりした。

午前中は映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』を観た。感想(?)はTwitterにつぶやいたので、詳しくは今日の分のTwilogを見てほしいけれど、要約すると一条シン君の勃起力に驚いた。びっくりしたり驚いたりばかりしている。

午後はだるくて寝ていたり、文献のカードを並べ替えたり、ほとんど何もしていない。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』を見ない日の何もなさ。
何もしていないときでも研究について考えているべきだけど、研究について一番よく考えられるのはやはり研究に関することをしている最中なので、研究について考えたかったら研究をするのがいい。あたりまえすぎる。
文献カードはA.研究テーマに関する先行研究、B.研究テーマと間接的にかかわる研究、C.それ以外の三種類に分けた。AとBの区別が曖昧なので、どの文献がどっちに割り振られてるのかわからなくて混乱しそうという予感。運用してみて不具合が出たら再考する。

昨日掃除したばかりなのにもう部屋が散らかっててやばい、不便。分析すると衣類と本なので、服は箪笥に、本は本棚に片付ければどうにかなるはず。どうにかなってほしい。今から寝るまでにどうにかする。

昨夜「お酒を飲みたくなったけど飲まない」と書いたけどそのあとで飲んだ。今晩は飲まない。

2017年5月20日土曜日

5月20日の日記:加奈子、書道教室、コンビニ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。は観なかったけれど、今朝は加奈子の夢を見た。
そろそろアニメ2期も観終えてしまうので、原作を読みたくなって電子書籍を探したら、全12冊の合本版で税込み7,387円だった。半分くらいの巻数かと思っていたのでちょっとびっくり。値段が高いとは思わないけど、お金がないんです。

午前中は掃除をして布団を干した。花粉が飛ぶ時期は干せなかったのでひさしぶり。晴れててよかった。

午後は図書館から借りた資料を一部スキャンしてPDFにした。今までかなり高解像度でスキャンしていたのだけど、漫画の原稿じゃないし精密な画像にする意味ないなと思ってppiを下げたら読み込みが格段に早くなった。もっと早く気づけばよかった。

夕方は書道教室で漢字を書いた。先生に私の亡くなった家族について訊ねられたので、生前の様子など答えられるかぎりで答えた。先生には言わなかったけれど、私は家族が亡くなったことによって利益を受けている(精神的にも物質的にも)。死んだ人間について、いなくなってよかったと少しでも思うということは、いい気分がしないし、情けない気持ちになる。色々話しているうちに早く自殺しろと先生に言われているような気がしてきて悲しくなった。

悲しくなったので帰りにコンビニに寄った。「じっくりコトコト」のバターチキンカレーを買って帰ろうとしたけどなかったのでじゃがりこの塩レモン味を購入。コンビニのじゃがりこは割高なので普段は買わない。(安いお店より40円から50円高い)
今調べたけれど、バターチキンカレーは今月22日発売予定なので、まだ発売前だった。

お酒を飲みたくなったけど飲まない。つもり。

2017年5月19日金曜日

5月19日の日記:カードケース、加奈子

久々に晴れ。日差しは暑くなったけれど風が気持ちよかった。
今日は文献カードを整理するためのケースを買いに行った。といっても特別なものではなくて100円ショップで売ってるトレーディングカード用のケース。名刺入れとか冊子状のカードホルダーとかも試したけれど、トレーディングカード用のケースが一番容量が大きくて使いやすい。こういう箱って、文房具屋より100円ショップのほうがちょうどいいものが見つかる気がする。

今日は俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第7話から第13話までを一気に観た。なんというか、うまく言えないけど、加奈子がすげーかわいかった。加奈子に「死ねよ」って言われたいよ。死ぬよ、言われたら、うれしくて。
加奈子はさ、口が悪くて生意気だけど、がんばりやなんだよ。加奈子さんのそんなところが好きになりました。好きです。髪型がツインテールだし……。

2017年5月18日木曜日

5月18日の日記:「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」、『スプライトシュピーゲル』、SF

今日は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第5話「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」と第6話「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」を視聴。今回は思っていたより気分が乗らなかった。考えられる理由、(1)体調 (2)登場人物が嘘をつく話だったので。私は嘘をついている人やその嘘がバレそうになる場面を観ると強いストレスを味わう (3)ストレスを避けるために大幅に飛ばして観たから、ダイジェスト的な視聴になってしまった。
嘘や勘違いやすれ違いや思い込みでハラハラさせる作劇は私にとって好ましくない。(鑑賞できないフィクションが私には多い)
5話6話はシリアスな内容で、たぶん終盤の展開につながるフックになるんだろうなと思うので、ちゃんと見直したい。ストレスはあるけれど、一回視聴して話を理解してしまえば、「覚悟」ができるのでいくらかは耐えることができる(はず)。
第5話には加奈子が出てきたので嬉しかった。ひとりででかいパフェ食べてるのがかわいい。あと、第6話の沙織さん、京介氏のことで友達の輪が乱れることに本当はいらいらしてるだろうなと思ってドキドキした。

『テスタメントシュピーゲル』最終巻がなかなか出版されないので、『スプライトシュピーゲル』を1巻から読み始めた。今2巻。テスタメントの今と比べると、初期は小説としての印象が違うという感想。テスタメントになってからますます入り組んだ構築物になってきている。スプライト/オイレンシュピーゲル2巻がターニング・ポイントだったのかな。
小説としての印象が変わった、というのとたぶん同じ(あるいはそれにつながる)話だと思うのだけど、初期のころは非SFだったけど、テスタメントはSFだと思っている。(SF/非SFというのは、良い/悪いとか価値がある/ないではない)
この場合のSF性というのは、特定の科学技術・理論・現象のアイデアを中核にしてストーリーが展開するフィクション、というようなもの。たとえいわゆるSF的な空想上の科学技術が登場しても、その技術がストーリーの根幹にないとしたら、私の基準ではそのフィクションは厳密な意味でのSFではない。(たぶんSF者の世界でちゃんとしたSFの定義が共有されているのだろうけど、私はSF者ではないのでわかっていない。)
スプライト/オイレンシュピーゲル初期のころは、作中に登場する特甲児童や転送兵器や犠脳体兵器の概念は、それ自体は現実に存在しない空想上の科学技術ではあるけれど、それらとストーリーの結びつきが弱かったように思う(それらを現実の兵器と入れ替えても、同様の話が成立する余地があるかもしれない)。
テスタメントになってからはその点が一変した。特甲児童の技術の秘密と、特甲児童である人物たちのアイデンティティと、ストーリーの謎と困難の解決とが有機的に結びついて、一つになって進んでいる。このように技術とキャラクターと物語世界が一体となって表現されるのは、理想的なSFのありかただ。
もちろんSFとして理想的であることと、小説としてよいこととは別の話だし、面白いこととも一致しないけど、冲方丁の作品としてのシュピーゲル・シリーズは、理想的なSFであること(になったこと)と、さらによい小説、面白い小説になったこととが、同一というか、分かちがたいことであると思う。
そしてそういうSFとして/小説としてのよさが生まれたのは、さまざまな小説を書いてきた冲方丁の、小説家としての進化、自分の作品内の膨大なピースを組み立てる力の圧倒的な進化にこそ原因(?)があるんだろうなあと思う。
今までの全部が最終巻でどうエンディングを迎えるのかがたいへん楽しみです。

2017年5月17日水曜日

5月17日の日記:俺の妹がこんなに可愛いわけがないのOP、加奈子

今日は俺の妹がこんなに可愛いわけがないTRUEROUTEの第14話・15話と、俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(2期)の第1話〜4話まで観た。加奈子がかわいい(あまり登場しない)。
アニメの魅力は半分くらいOPやEDに詰まっていると思っていて、俺の妹がこんなに可愛いわけがないはその点あまり満足していなかったのだけど、続けて観ているうちによく思えてきた。俺の妹がこんなに可愛いわけがないのOPは、いくつかのカットのなかからの任意の組み合わせでできていて、その回の展開によって毎回カットの組み合わせが変わる(その回だけの映像なども挿入される)という感じなのだけど(伝わる?)、それがいわゆるMADっぽいというか、映像とあまりかっちりハマってない感じになってる気がして、うーんと思っていたのだけど、いつのまにか気にならなくなったし、毎回ちょっとずつ変わるのも、個々のカットも結構いいじゃんと思えるようになった。1期のOPお気に入りの映像は桐乃さんたち中学生3人組がビーチで踊ってるやつです。なかよしっぽくていい。加奈子が映ってる画面はだいたい好きです。私は髪を左右でくくった女の子が好き。
加奈子がかわいい。
加奈子というのは、来栖加奈子さんという女の子で、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの登場人物なのですが、子供に物を投げつけたり、乱暴な言葉を使ったり、最低な人のように見受けられるのですが、かわいいです。

2017年5月16日火曜日

日記:拾い読み、俺の妹がこんなに可愛いわけがないTRUEROUTE、同人誌

今日は授業の予習になりそうな本を何冊か、参考になりそうな部分だけ拾い読みした(しようとした)。本を読むときのくせで、つねに冒頭から最後まで通読してしまうのだけど、必要な部分だけをピックアップして読む方法を鍛えないといけないなと思っている。

昨日に引き続き俺の妹がこんなに可愛いわけがないを視聴。結局TRUEROUTEから観ることにした。内容的には2期に続くのがそちららしいので。今日は第13話まで視聴。
桐乃さんがいなくなって黒猫さんがメインヒロインっぽくなった。2期の展開のネタバレを少し観てしまったのでハラハラする内容。
それとは別に、今回観ていてちょっとよくないなと思ったのが「腐女子」とか「ホモ」の扱い(ホモという言葉がアニメ中で使われていた)。「腐女子」「ホモ」で笑いを取るのは、よくあるギャグ描写ではあるけれど、表現の仕方によっては差別的になりうるし、俺の妹がこんなに可愛いわけがない第12話・第13話の描き方はちょっといやな感じがした。
ホモフォビアでなりたつ男性社会がまず存在して、「腐女子」を奇怪なものとして描くギャグシーンは、そのホモフォビアを追認し強化しているんじゃないか。いやな感じの根っこを言い表すとそんな感じになるんじゃないかと思う。
(こういうの、俺の妹がこんなに可愛いわけがないに限ったことではなくて、いわゆる男性向けの創作物を中心にひろく見受けられる。どちらかと言えば、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの表現はそんなに問題がない方かも。)
私自身、腐女子とか同性愛をネタにして漫画や小説を書いたことがあるし、そういうネタを消費して過去も現在も楽しんでいるので、そういうことに関して、罪のない者として非難することができない。実はこないだ宣伝した合同誌に寄せた小説も、「レズ」の描写について、似たような問題があるんじゃないか、乱暴な書き方なんじゃないか、いやだなあと思ってはいたのだけど。(思っているなら書くな)(問題だと思っていてもそういうの書いちゃうこともあるんですよ)(楽しむのもやめられない)
それはそれとして、桐乃さんのクローゼットからスカトロもののアダルトゲームが出てきたのを見た京介さんが「おまえ、うんこ食うの?」と嫌そうに聞くシーンには「ひとのセックスを笑うな!」と思いつつも素直に声を出して笑ってしまった。私自身スカトロ(ではないけどそのようなもの)が好きなので、その周辺のことについてのネタなら心が痛まない。自分にかかわりのあることなら、簡単にネタにできる。

boothで漫画を販売したいと言って3ヶ月経ったけどまだ販売してない。
前回進捗を書いてから1ページも進んでいない。たぶんしばらく進みません。
夏には販売したいなあ。(販売するとしても、同内容をPixivかサイトにも載せようと思っているけど)

2017年5月15日月曜日

日記:レジュメ、文献、俺の妹がこんなに可愛いわけがない1期

発表のレジュメの構成を考えようとしたけれど、材料が足りないということがわかった。とりあえずノートをパラパラめくって、必要な文献をぼんやり考える。
文献の整理もしなきゃいけない。文献は一件(?)ずつ名刺大のKOKUYOの情報カードというものに書誌情報を記してケースに入れて管理してるんだけど、50音順に並べてあるだけなので、そろそろ検索性がやばくなってきた。収納するケースを増やして、分野ごとに分けて整理しようと思っている。
文献内の重要な情報は、それもまた情報カードに書き写すことにしているんだけど、これをかなりさぼっている。よくない。書き写したカードが実際に役立つことはあまりないのだけど、そういうカードを作っておくと、どういう文献があって、そこになにが書かれているのかを記憶しやすいし、作ったカードを眺めていると考えが整理しやすいし新しい発想が浮かぶ(気がする)。

最近はエロマンガ先生というアニメにハマっている。先週火曜から第1話を観始めて、配信中の第5話までを2周した。推しは神野めぐみさんです。
今日は同原作者のアニメ、俺の妹がこんなに可愛いわけがないをdアニメストアで観た。(てっきりアニメの監督もエロマンガ先生と同じだと思っていたけれど、そこは違ったらしい)
昨日第1話を観ていたので、今日は2話から11話までを一気に視聴。
1話時点ではまだピンとこなかったけれど、こちらも結構ハマっている。ハマらなかったら半日で10話分も観ない。
ラノベ原作アニメに慣れていないので新鮮。
推しは来栖加奈子さん、新垣あやせさん、田村麻奈実さんです。
新垣あやせさんルートの文庫が発売される(参照)そうなので楽しみです。

声優事情に詳しくないので、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの高坂桐乃さんとけいおん!の中野梓さんの声優が同じひとだと知らなかった。
それで、純「天使とかいねーから私らに触れろ、梓!」(けいおん!SS)で純ちゃんが中野さんに「さんきゅーきりのー」って言ってたわけがようやくわかった。

明日は続きを観るけれど、第12話が2パターンあるみたいなので、どちらから観ようか迷っている。

2017年5月11日木曜日

日記

屋外でお弁当を食べていたら鳩と雀が寄ってきたので、ご飯粒をすこし投げてあげたら予想を遥かに超える数のハト/スズメが集まってきて面白かった。(野生動物に食べ物をあげることがいいことなのか悪いことなのかわからないけどその点はようしゃしてください)
スズメは私の投げるご飯粒を空中でキャッチしたり、近くで砂浴びをしたり、かわいかった。
そうしていたら、小さな子どもと大人(保護者、あるいは保育士?)が寄ってきて「○○くん、見てみてトリがたくさんいるよー」「ひよこがたくさんいる」「ひよこじゃなくてスズメだよ」「すごい」「ねー。なんでこんなにいるんだろ。なにも持ってないのに近寄ってくるよ」「かわいい。ハトの家だ。ねー、ここハトの家だって」「このハト全然逃げないね」と感心していた。
ハトもスズメも子供に追われて全部逃げていった。

2017年4月29日土曜日

読んだ本

・冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ〔新装版〕』1〜3、早川書房、2012(電子書籍)
・冲方丁『マルドゥック・フラグメンツ』早川書房、2013(電子書籍)
ようやくマルドゥック・アノニマスの話がよくわかるようになった。
ウフコックとバロットのカプ小説になるかと思ったけど意外とその関連の描写は印象に残ってない。
ウフコックショタ時代的には萌え。
クランチ文体を書いてみたくて、その参考に、という目論見もあって読んでいたのだけど、結局クランチ文体は難しいという結論。

・赤松健『UQ HOLDER!』13巻、2017
雪姫さん完全にメインヒロイン。
前作の推しサブヒロインがメインヒロインになって、別の推し二人がボス側のキャラとして再登場するスピンオフ最高すぎませんか?という気持ち。
ネギま!とUQ HOLDER!の比べると、多分単純に面白いのは前作だったんじゃないかなと、今作を読み始めた最初の頃から思っているのだけど、こういう何もかもが終わってしまってめちゃくちゃになってしまった時点から、それでもやっていかなくちゃいけない主人公たちという状況が燃えるし熱くて、いいと思っている。
同様なことをぱにぽに、ベホイミちゃん以後としての『CANDY POP NIGHTMARE』にも感じていた。
生誕した瞬間から全部が終わっていたという意識をずっと持って生きているので、「以後」の物語に惹かれるのかもしれない。

・倉田百三『出家とその弟子』岩波書店、2003
親鸞とその周辺を描いた戯曲。大正5年の作。
親鸞なのに言ってることが完全に近代人で、近代キリスト教的語彙・発想と近代仏教とのミックスという感じで、ちょっと変。
ということを事前に知っていて、ちょっと斜に構えて読んだけど、思ったより感動した。
親鸞の伝記的フィクションとしては、少し前に『親鸞 白い道』という映画を観て、そちらはどちらかといえば嫌な気持ちになったので、今回も身構えていたけれど、不快にはならなかった。
(不快にならなければいいというものでもないけれど。)

・鈴木大拙『浄土系思想論』岩波書店、2016
大拙の晩年(?)の著作らしい。
禅と浄土の目指すところは同じ(此土、現世で往生。信心と悟りは同一。浄土と穢土は即非)。こういう考え方は好きじゃないんだけど、確認できてよかった。


2017年4月28日金曜日

律先輩のしりを蹴っ飛ばす中野梓。

2017年4月26日水曜日

告知と日記

こちらの合同誌に参加させていただきました。えすには澪ちゃんが嘔吐する小説を書いてます。

日記。を4月になってから書けていないけど。
しばらく私的な日記帳につけている日々の日記から抜粋してブログに転載していました。
それはそれで面白かったんだけど(私が)、あとでブログに載せると思うと、そういう意識によって日記の内容が左右されるということもあり、
など、の理由があり、やめました。
やめることにしました。
ブログはブログでなにか書くことにします。
気が向いたらまた同人誌や同人誌でない本の感想などを書きます。

マストドンぜんぜんやってません。
コミュニケーションしなきゃと思うと緊張して。

今日は駅で人々が「日常が日常じゃなくなっちゃんだよね」という会話をしていて、通りすがりに聞いてなんとなく興奮して続きが気になったけど、すぐに(私が)電車に乗ってしまったので続きは聞かなかった。

このブログとは別に、フィクションの文を置くためのブログを作りました。
http://scsscsss2.blogspot.jp/
↑こちらです。
もともとはここをこういう用途で使おうと思っていたはずだったんだけど、いつの間にか日記になったので、そのための場所を新しく作りました。
未完のSSやはずかしくてひとに見られたくないものを主に選んで放り込んでいます。

2017年4月17日月曜日

花粉

熱水を使って念入りなお風呂掃除をしたら湿気がこもったので窓を開けて換気したら浴室に花粉が入り込んだようで入浴中苦しめられた、花粉シーズンは終わりに近づいていると信じていましたが私はまだ苦しむようです。

2017年4月16日日曜日

マストドン

まだよくわかってないけど、マストドンのアカウントつくってみました。

https://mastodon.org.uk/@s2
僕らとは関係なしに、又そいつが始まろうとしていて、僕らは今度こそ、希望の虚しい氾濫の中で溺死しそうです。(「死者の奢り」『大江健三郎自選短篇』p.49)

2017年4月15日土曜日

SSのためのメモに書き記したけど使わなかった台詞

「陸に上がるまえアノマロカリスだったころ群れになって泳いでたかもしんないですしね」
「放課後ティータイムの前世はそんな珍しい生き物じゃねえよ」

2017年4月14日金曜日

日記

庭の畑に植えたじゃがいもから葉っぱが出てきた。

2017年4月5日水曜日

日記

この一週間くらい?頭痛がないので助かった。
パソコンのSSDの容量がいつのまにかけっこう圧迫されていたので、いらないファイルを削除したり、1000枚以上も溜まったスクリーンショットをとりあえず全部外付HDDに移したりした。
上の写真は整理の過程で出てきたやつ。ブログにもサイトにも載せてないよね?
(追記、2016年の記事を見返したらまったく同じ画像載せてありました。)2枚目みたいな手癖の絵よく描く(2016年にスマホで撮ったやつらしいからたぶん描いたのもそのころ)。
よく絵柄がかわったと言うひといるけどえすには全然変わらない。描いてないから?

Twitterとかで思わず保存しちゃった画像、Evernoteにとりあえずざっくりした表題のノートを作ってそこにペタペタ貼ってローカルからは削除することにした。
無課金のベーシックメンバーだけどどうせ月々の60MB余ってるし。

今日はミツカンのサイトにレシピが載ってる「鳥のさっぱり煮」を作ります。これは美味。ゆで卵ゆでるの苦手で、前に作ったときは白身が綺麗にむけなくて小惑星みたいになってしまった。

2017年4月4日火曜日

いつ作成したのかわからないアイカツ!画像。
   

3月27日〜31日

17.3.27MON 雨 8時間17分 1,111歩
学校に提出する書類を作成。図書館の貸出が31日までなので、返却のついでに提出しに行く。
昼はピザトーストとライスバーガー。
午後、けものフレンズ第1話〜7話を視聴。
夕食はメバル、エンドウとニンジンの玉子とじ、メカブ、味噌汁、サラダ。
食後にブラタモリ(奄美の森)。

3.28TUE 晴 8:12 4,791
近代日本の宗教概念
午前、ガヴリールドロップアウト第11話、12話。けものフレンズ第7話〜10話視聴。
DCDアイカツスターズ!でS4制服を入手。セブンイレブンで濃厚ティラミスとアルフォート(ブラック)購入。お昼はカレーうどんとティラミス。
午後、原稿。進捗遅いがここからペースを上げていく(希望)。
Free!ES第10話まで視聴。遙の「夢ってなんだ」のシーンがつきささる。放送時は宗介のことが気になって、遙や真琴のことまで注意してみていなかった。
夕食は鮭の三平汁、チキンのレモン風ソテー(?)、サラダ。
食後にワイルドライフ(沖縄やんばる)。

3.29WED 晴 7:15 4,944
近代日本の宗教概念読了。メモを取ろうと思っていた箇所があるが、明日返却するのでまた後日借りなおすことにする。清沢についての論文、カーゴカルトについて。
けものフレンズ第11話「せるりあん」、12話「ゆうえんち」視聴。
昼食はケンタッキー(食べ比べパック:骨なしチキンとオリジナル)。
午後、ややだらだら。読書以外はTwitterに費やす。原稿手を付けず。
夕食は回鍋肉、サラダ、三平汁。食後に30分ウォーキング。
昨晩は就寝間際に頭痛がしたのと、布団で読んでいたマルドゥック・ヴェロシティのおかげで興奮して寝つきがよくなかった。眠り自体も浅く、今日はやや寝不足の感があった。頭痛はともかく、寝る前の読書内容には気をつける。フィクションは読まないのが無難。

3.30THU 晴 7:42 10,015
ブッダの変貌』。
書類を提出。久々に学校に行くと思うと緊張して、家を出るのが正午になってしまった。外出のハードルを下げるために、出かける準備は可能な限り前日に済ませておくこと。
帰る途中、アルフォートとチップスター(のりしお)を購入。
夕食はじゃがいもとたまねぎと鶏肉のタジン鍋蒸煮、サラダ、回鍋肉。
食後に一昨日のワイルドライフの続き。

3.31FRI 晴/雨 7:59 736
ブッダの変貌。『仏教史研究ハンドブック』。
午前中、小林さんちのメイドラゴン第12話、アイカツスターズ!第51話視聴。
昼食は冷凍のビーフン、夕食はスンドゥブ、マーボーナス、大根のサラダ、玉子豆腐。
食後にタモリ倶楽部(VR)。
原稿は細部を飛ばして結末まで書くことを優先して作業。今日が本来の締切。

今回からAmazonアソシエイトのリンクをつけました。本文にリンクじゃなくて↓みたいにしとけばいいかも。(下の画像リンクはAdBlock適用してると不可視になるっぽい。)

2017年3月28日火曜日

3月21日〜26日

17.3.21TUE 雨 睡眠7時間14分 500歩
午前中、ガヴリールドロップアウト第11話視聴。メンタルクリニックへ予約の電話。
昼食はカップヌードル。午睡。
午後、原稿とは関係ないガヴリールドロップアウトのSSを書いた。
『清沢満之集』を読む。
夕食はかに玉、マーボー豆腐、ほうれん草のおひたし。
タモリ倶楽部(ストリップ応援)。

3.22WED 晴れ 8時間5分 11,119歩
午前中、けものフレンズ第10話「ろっじ」、11話「せるりあん」。ハイスクール・フリート第10話「大鑑巨砲でピンチ!」視聴。
10時頃家を出る。クリニックで診断書を書いてもらう。久々に押しかけて診断書だけ書いてもらうことに罪悪感。その後、ATMでお金をおろし引き落とし用の口座に入金。書店で百合姫を買って帰宅。
昼は焼きうどん、おやつに不二家のティラミス。
夕食はビーフストロガノフ、サラダ。
食後に30分ウォーキング。

3.23THU くもりのち晴れ 8時間24分 397歩
午前中、花粉光環らしきものを見る。体調昨晩から悪い。
映画けいおん!視聴。アイカツ!第150話「星の絆」。
清沢満之集。
夕食は蒸鶏、トマトと玉ねぎ、味噌汁。
食後に世界ネコ歩き(マルタ)を半分。

3.24FRI 晴れ 8時間42分 524歩
星野靖二『近代日本の宗教概念』。清沢集。
午前、アイカツスターズ!第48話「わたしたちだけの歌」、49話「一番星になれ!」。小林さんちのメイドラゴン第10話、11話。体調悪く昼間で仮眠。
昼食は冷凍食品の焼きカレー。
夕方、けものフレンズ第11話「せるりあん」。
夕食はキャベツとひき肉の炒め物、トマトの玉子とじ、メカブ、鯖。
食後に昨日の続きのネコ歩き。
今日は体調極めて悪く希死念慮も強かったが、午後読書をしているうちにいつの間にか持ち直した。昼までの仮眠もよかったのかもしれない。今月は睡眠が不規則になっていたし、そのせいで体調を崩したのかもしれない。運動も極端に少なかった。コントロールできる部分から気をつける。
今クールはアニメを普段よりも多く観て楽しむことができてよかったと思う(いつもなら観始めたアニメも無感動や無気力で視聴を続けられなくなってしまう)。特に、けものフレンズとハイスクール・フリートの二作はよかった。
春休み中に近代日本のキリスト教について調べようとぼんやり思っていたが、いつの間にか3月も末になってしまった。来月の課題。

3.25SAT 晴れ 8時間41分 3,141歩
体調悪。午前、掃除語、正午近くに墓参。帰りにミニストップであまおうソフト。書店でヒストリエ10巻と『臨済録』を購入。昼はオムライス。
午後、遠藤周作『沈黙』読了。ハイスクール・フリート第11話「大鑑巨砲でピンチ!」、最終話「ラストバトルでピンチ!」。
夕食は鮭、鶏ともやしのサラダ、大根のあんかけ。

3.26SUN 雨 7時間40分 262歩
臨済録。清沢満之集。
午前、Free!ES第8話「変局のロコモーティブ!」まで視聴。
昼食はけんちんうどん。
夕食は鶏のサラダ、豚肉のソテー、中華風スープ。食後にダーウィンが来た(ミズオオトカゲ)。

2017年3月22日水曜日

3月16日〜20日

17.3.16THU 晴れ 睡眠時間7時間19分 6,218歩
午前、DCDアイカツスターズ!
夕食後に20分ウォーキング。

3.17FRI 晴れ 4時間29分 1,287歩
昨夜スマホでけいおん!SS(梓「野良にゃんだよ〜ん」)を読んでいて、睡眠時間が極端に短くなった。代わりに(?)、合同誌の原稿のとっかかりができた。野良にゃん風の険悪な澪梓を中心にしたコメディで文章はクランチ文体。
昼食はレンジでチンのバターチキンカレー、たまごむしパン。
小林さんちのメイドラゴン第9話、10話視聴。アイカツ!第148話「開幕、大スターライト学園祭☆」視聴。
大相撲6日目、豪栄道休場。鶴竜が松鳳山に敗れる。
夕食は無限ピーマン、焼鮭、たまごとキャベツの炒め物、キャベツと豚肉。
食後にタモリ倶楽部(車内販売)。

3.18SAT 晴れ 9時間2分 759歩
親鸞主上臣下。
ハイスクール・フリート第9話視聴。10話視聴中に大相撲幕内の時間になったので中断。波乱なし。
昼食は鶏肉とナスのグリーンカレー。夕食はグリーンカレーと切り干し大根、ナスとトマトのオーブン焼き、冷凍食品の唐揚げ。

3.19SUN 晴れ 7時間21分 1,666歩
親鸞主上臣下読了。住家正芳「宗教概念と世俗化論」(『〈宗教〉再考』)、加来雄之「『宗教哲学骸骨』の意義」。午睡。
墓参りに行く予定だったが延期。昼食はドミノ・ピザをネット注文。美味。
午後、秒速5センチメートル視聴。
大相撲、高安が初日から連勝で中日勝ち越し。
夕食はトマトソースのスパゲティと鶏肉のトマト煮。
夜、ネット上でFree!劇場版の情報が公式に流れる。総集編と新作。
Free!ES第1話「嵐のダイブダッシュ!」視聴。

3.20MON 晴れ 7時間41分 1,648歩
『「孝」思想の宗教学的研究』読了。英単語。午睡(30分目を閉じただけ)。頭痛気味。
Free!ES第2話「邂逅のストローク!」視聴。
畑仕事、うねを作って種芋を植えた。
原稿、400字程。クランチ文体を試したが、予想より書きにくい。普通の書き方で下書きをしてからクランチ文体へ変換した方がよさそう。
昼食は昨日のスパゲティと鶏肉のトマト煮。
夕食はカツオのたたき、新玉ねぎ、豆腐の料理。
ブラタモリ(別府)。

2017年3月20日月曜日

3月11日〜15日

17.3.11SAT 晴れ 睡眠時間8時間27分 915歩
『近代仏教のなかの真宗』読了。『イタリア宗教史学の誕生』。英単語。
昨日に続き、冲方丁『テスタメント・シュピーゲル2下』を読む。
昨日Amazonで注文したiPhoneのカバーが届く。
昼食はローソンのコロッケとメンチカツ、焼鳥、カップめん。午睡。
体調不良。
夕食は鶏皮の焼鳥、人参のシリシリ、鶏の照り焼き、サラダ。
小説は一昨日600字ほど書いたきり。冒頭部ができてはずみがつくかと思ったが、まだ軸になるものが足りない気がする。どういう話なのか見当がつかない。

3.12SUN 8時間21分 399歩
イタリア宗教史学。漢文法基礎。英単語。午睡。
『テスタメントシュピーゲル2下』読了。
昼はケンタッキーのチキンとビスケット。午後に畑仕事(雑草除去と耕し)。
夕方から春場所初日。琴勇輝、逸ノ城白。稀勢白。白鵬は正代に黒。
夕食はもやしと豚肉の蒸煮、揚げ豆腐のグリル、ブロッコリー。

3.13MON くもり時々雨 7時間34分 592
宗教史学読了。漢文法基礎読了。英単語。午睡。
ハイスクール・フリート第9話「ミーナでピンチ!」、10話「赤道祭でハッピー!」視聴。
昼食は雑炊。夜はブロッコリーのグラタン、オクラのおひたし、オクラと納豆の和え物。
ブラタモリ(別府温泉)。

3.14TUE くもり時々雨 3時間50分 476
池澤優『「孝」思想の宗教学的研究』。末木文美士『親鸞 主上臣下、法に背く』。
昨晩は頭痛のためなかなか寝つけず、今日はひどく体調が悪かった。
午後に一時間ほど昼寝。その後は少し持ち直した。頭痛は低気圧も影響しているかもしれない。
昨夜眠れなかったので、ask.fmのアカウントを作成したのだが、質問をいくつかしてもらえたので、早速回答した。
大相撲は日馬富士が三日目で二敗目。
夕食はトマトの卵とじ、焼き魚、もずく。
タモリ倶楽部(車内販売)。

3.15WED くもり 睡眠7時間39分 1,277歩
勉強なし。眠い。
午前中、けものフレンズ第9話「ゆきやまちほー」、10話「ろっじ」(2回視聴)
昼食はトマト味のカップヌードル。クリーミー。
午後はジョジョ5部を読み、ガヴリールドロップアウト第8話–10話を視聴。
夕食はホウレンソウのグリル(グラタン風)、ホウレンソウとトマトとツナの和え物、シチュー。
相撲は琴奨菊が鶴竜を、勢いが白鵬を破った。全勝横綱は稀勢の里のみ。

2017年3月18日土曜日

3月1日〜10日

17.3.1WED くもり 睡眠時間8時間13分 1,197歩
『浄土真宗とは何か』、『イタリア宗教史学の誕生』。中国語(買い物)多少、为什么、因为。英単語。午睡。
午前中けものフレンズ第8話「ぺぱぷらいぶ」視聴。7話も。
昼はフカヒレスープの雑炊。
午後、再びけものフレンズ第8話。ハイスクール・フリート第8話視聴。
夕食は鶏肉のマカロニグラタン(たまねぎがすこしこげたが味に影響なし)、パプリカのサラダ、オムキャベツ、ティラミス、白ワイン。

3.2THU 雨 6時間31分 844歩
浄土真宗とは何か読了。漢文法基礎。中国語(存現文)。英単語。午睡。
今月は清沢満之を中心に近代仏教の勉強を目標。
午前中、フランソワ・トリュフォー監督の『逃げ去る恋』を視聴。
昼食は昨日のグラタン。
午後にアイカツスターズ!第37話「トキメキ!クリスマス」とアイカツ!第145話「アツい夏祭り」を観た。
夕飯はキーマカレーとトマトとモッツァレラのカプレーゼ、サラダ。
食後にマツコの知らない世界(ダムカレー/ライオン)視聴。

3.3FRI 晴れ 6時間57分 732歩
柄谷行人『マルクスその可能性の中心』読了。碧海寿広『近代仏教のなかの真宗』。英単語。午睡。
午前中、小林さんちのメイドラゴン第7話、8話。アイカツスターズ!第45話「あこ、まっしぐら!」、46話「炎のS4決定戦!」視聴。
昼食は昨夜のキーマカレー。
夕食はジャガイモのガレット、あぶりサーモン、揚げ出し豆腐、ナムル。
食後にぷっすま(セレブ芸人)。

3.4SAT 快晴 9時間9分 3,807歩
近代仏教のなかの真宗。L.アルチュセール『マルクスのために』。漢文法基礎。中国語(経験態、过)。英単語。
午前、掃除後にハイスクール・フリート第8話「比叡でピンチ!」、9話「ミーナでピンチ!」。アイカツ!第147話「輝きのルミナス」視聴。
昼はカボチャのほうとう。
午後、江國香織『真昼なのに昏い部屋』読了。
夕食はジャガイモと百合根のコロッケ、ブリ大根、玉こんにゃく。
書道教室、毛筆。世界ふしぎ発見(ナミブ砂漠)、ワインとチューハイ。

3.5SUN 睡眠8時間32分 602歩
『マルクスのために』。中国語(形容詞+不/没+形容詞)。漢文法基礎。英単語。
午前中、『キューポラのある街』を30分ほど観て中止。
昼食は炒飯と卵スープ。
午後に伊丹十三監督の『大病人』を視聴。
ハイスクール・フリート第9話『ミーナでピンチ!』視聴。
夕食はタラチリ鍋。

3.6MON 7時間34分 817歩
午前中、リメイク版の『セーラー服と機関銃』をみかけてやめる。
午後、メールを書き始めるが難航。けものフレンズ攻略Wikiを読んだりして逃避しているうちに夕方になってしまった。6時間超かけてようやく数百字のメールを打ち終えて送信。
本当は午前中に出したかったし、さもなければ午後一番に、夕方になる前に、と気持ちだけはあわてていたのに、結局なかなか書くことができなかった。
何時までに書かなくてはと思うと緊張してしまって、どうすればよいのか分からなくなる。結局、夕方になって、もはやこれから明朝までのいつに出しても同じだということになってようやくプレッシャーが抜けて一気に書くことができた。
この件、よく覚えておくこと。プレッシャーと、そこから逃避したくなる衝動をコントロールする方法、考えること。
今日は結局、勉強も読書もできなかった。
夕食は炊き込みご飯、鶏とシメジと百合根の卵とじ、紅鮭。
食後にブラタモリ(奄美大島)。

3.7TUE くもり時々雨 7時間15分 9,859歩
近代仏教のなかの真宗。漢文法基礎。英単語。ルーマン『宗教論』。
昼前に家を出て学校へ。出る直前、麦茶を用意したが、水筒のキャップのしめかたが甘くて、カバンの中が濡れてしまった。
往復路の電車でテスタメント・シュピーゲル2巻を読む。
夕食は蒸し鶏、ホウレンソウと玉子のグラタン風、サーモンのサラダ。
日曜美術館(ティツィアーノ)を視聴。
今日は寝不足だったので早めに寝る。

3.8WED 晴れ 8時間11分 687歩
英単語。体調悪い。風邪らしい。午睡。
午前、けものフレンズ第8話「ぺぱぷらいぶ」、9話「ゆきやまちほー」視聴。
昼食は焼肉ライスバーガーとトマトのスープ。
午後、けいおん!第1話「廃部!」2話「楽器!」3話「特訓!」視聴。
夕食は鯖の味噌煮、長芋のフライ、豆腐の中華風スープ。
食後にタモリ倶楽部(島グルメ)。風邪薬を服用。
澪ちゃん主人公の小説のプロットを考えるが思い浮かばず。

3.9THU 晴れ 7時間48分 9,108歩
近代仏教のなかの真宗。漢文法基礎。英単語。
午前、けものフレンズ第9話「ゆきやまちほー」視聴。
昼食はパン(フランスパンのサンドイッチ、カツサンド)。
午後、昨年末に買った宝くじの換金に。グリーンジャンボを1枚購入。
帰宅後、けものフレンズ第1話「さばんなちほー」、2話「じゃんぐるちほー」、3話「こうげん」を視聴。
夕食はラム肉のステーキ、豚肉の塩麹漬け、トマトとチーズのオーブン焼き。
20分ウォーキング。

3.10FRI 晴れ 8時間3分 9,183歩
東京都美術館(上野)の「ティツィアーノとヴェネツィア展」を母と観に行く。ティツィアーノ展の半券で都美セレクション新鋭美術家2017も観れたのでそちらにも入場。ティツィアーノ展は絵が51枚、版画が17枚とちょうどよい枚数だった。展示されているなかでティツィアーノの絵が群を抜いていた。マレスカルコの「聖母子」とティツィアーノの「ダナエ」「教皇パウルス3世の肖像」(1544–46頃、1543)が気に入った。新鋭美術家展は時間つぶしに入ったが、予想以上に面白かった。特に青木宏憧と斎藤里香の立体作品に興奮した。
昼食は美術館のレストランでオムライス。…。
午後、東京駅まで行きmiffy styleで買い物。クリアファイル、ふせん、タオル等。
帰宅後、小林さんちのメイドラゴン第9話視聴。
夕方、居酒屋へ。赤鶏のたたき、あぶりしめさば、舞茸とセリの天ぷら、唐揚げなど。ビール、ゆず酒、梅酒(鳳凰美田)。

2017年3月4日土曜日

2月

17.2.21 TUE 晴れときどき雪・強風 睡眠8時間4分 5,573歩
『再生産について』下読了。『若者よ、マルクスを読もうⅡ』読み始める。英単語。中国語。午睡。
午前中ガヴリールドロップアウト第6話、7話、3話視聴。スポーツ用品店へハンドグリッパーを見に行く。帰路、セブンイレブンでいちごのサンドイッチとラムネを購入。
夕食はししゃも、納豆を詰めた油揚げ、メカブ、白菜と豚肉のうま煮。
タモリ倶楽部(マンボウ・ウツボ)視聴。

2.22 WED くもり 睡眠6時間52分 5,089歩
英単語。中国語。漢文法基礎。
午前中、けものフレンズ第6話「へいげん」、7話「じゃぱりとしょかん」。ビビッドレッド・オペレーション第11話、最終話視聴。
昼はたらこスパゲティ。夜はかに玉、鶏肉とキャベツの炒め物、トマトと玉ねぎ。食後に20分ウォーキング。
今日は睡眠時間が少なかったわりに快調に過ごせた。元々の体調、気圧、前日や前々日の睡眠時間、睡眠の質などに左右されるのだろうか。

2.23 THU くもり 8時間36分 744歩
英単語。中国語。漢文法基礎。
ガヴリールドロップアウト第7話視聴。
昼はカップ焼きそば。夜は大根のコンソメスープと鯖とハッシュドポテト。
食後にプラネットアースⅡ第3集「新天地」。

2.24FRI 晴れ 7時間29分 1,047歩
中国語、比較・声調。英単語。漢文法基礎。
小林さんちのメイドラゴン第6話、7話。アイカツスターズ!第45話「あこ、まっしぐら!」
昼はカレーピラフ。夜は餃子、昨夜のスープ、小松菜の炒め物、発泡酒。
空想大河ドラマ小田信夫第2回視聴。
『若者よ、マルクスを読もうⅡ』読了。

2.25SAT 快晴 8時間43分 6,849歩
小川聡子『浄土真宗とは何か:親鸞の教えとその系譜』、柄谷行人『マルクスその可能性の中心』。中国語、疑問文、漢文法基礎。英単語。
昼は鯖サンド。午後に図書館に行き、『若者よ』返却。『ニューエクスプレス中国語』、相原茂『中国人は言葉で遊ぶ』、大澤真幸『戦後の思想空間』、石井光太『神の棄てた裸体』を借りる。
夕飯はカジキマグロのソテー、豚汁、白菜の漬物、メカブ。
書道教室、硬筆。帰宅後、世界ふしぎ発見!(アルベロベッロ、白川郷)を観た。TVを観ながら度数の低いチューハイ。

2.26SUN 晴れ 7時間35分 1,489歩
『浄土真宗とは何か』。漢文法基礎。英単語。『再生産について』からイデオロギーの物質性についての箇所を書写。中国語の勉強はなし。
昼頃お墓参り。イタリア料理店で外食。鶏肉と菜の花のピザ、小柱のスパゲティ。
午後、龍の歯医者後編。ブラタモリ(神戸の街)視聴。
夕方にけものフレンズ第7話「じゃぱりとしょかん」。
夕食はイカリングフライ、豚汁、白菜の漬物、ブロッコリー。

2.27MON 晴れ 6時間38分 8,483歩
『浄土真宗とは何か』。中国語(形容詞)、英単語。
図書館でニクラス・ルーマン『宗教論』他を借りる。
帰宅後、小林さんちのメイドラゴン第1話と2話を視聴。
夕食はキャベツと豚肉の味噌炒め、大根のサラダ、チキンのカツレツ。
タモリ倶楽部(渋谷のマンホール)。

2.28TUE くもり 8時間27分 3,683歩
『浄土真宗とは何か』。中国語(服飾・アスペクト)。英単語。アルチュセール『再生産について』、『哲学について』。
ガヴリールドロップアウト第8話視聴。
昼はサンドイッチとカップめん、からあげ棒。
午後、ハイスクール・フリート第6話「機雷でピンチ!」、7話「嵐でピンチ!」、8話「比叡でピンチ!」視聴。
夕食は鶏肉と白菜のうま煮(少し塩っぱかった)、焼鮭、メカブ、パプリカのチーズのせ。
食後に20分ウォーキング。

2017年2月22日水曜日

2月

17年2月11日 SAT 8時間10分 629歩
2013年に出した同人誌『ハロー』をDL版用に手直し。
午前中掃除。午後1時間昼寝。
小林さんちのメイドラゴン第5話、アイカツスターズ!第43話「チョコっと歌に込める想い☆」、けものフレンズ第5話「こはん」視聴。
昼は玉子と豆腐の雑炊、夜は豚肉と白菜のミルフィーユ鍋、鯖、スパニッシュオムレツ。

2月12日 SUN 晴れ・強風 8時間47分 911歩
『アルチュセール全哲学』読了。L.アルチュセール『再生産について』読みはじめる。
キラキラプリキュアアラモード「小さな天才キュアカスタード」、ハイスクール・フリート第6話「機雷でピンチ!」視聴。
昼はモスバーガーとデザートにLeTAOのチョコケーキ。
午後に新しい食卓が届いた。
夕飯は鮭、サラダ、筑前煮、スパニッシュオムレツ。

2月13日 MON 晴れ 7時間52分 2,687歩
『再生産について』第6章から、〈国家の抑圧装置〉と〈国家のイデオロギー諸装置〉の抑圧と調教について書写。中国語(形)、英単語。
小林さんちのメイドラゴン第5話視聴。
最果タヒ『夜空はいつでも最高密度の青色だ』読んだ。
夕食は豚肉ともやしのジンギスカン風(トマト)、サラダ、筑前煮。
ブラタモリ(こんぴらさん)視聴。

2月14日 TUE 晴れ 7時間54分 3,260歩
『再生産について』上巻読了。英単語、漢文法基礎。
ガヴリールドロップアウト第5話、6話視聴。ビビッドレッド・オペレーション第7話、8話。
昼はセブンイレブンのフライドチキンと肉まん、冷凍のチキンナゲット。
夜はホウレンソウと卵のグラタン、ささみのフライ、納豆と長芋の油揚げ包み焼き。
20分ウォーキング。

2月15日 WED 晴れ 5時間45分 518歩
寝不足。再生産について。漢文法基礎。英単語。
テスタメントシュピーゲル1巻を読む。
けものフレンズ第6話「へいげん」視聴。
昼はセブンのサンドイッチとゆずこしょうチキン(?)。
夜はトマトとシメジの玉子炒め、鯛の煮物、サラダ。
マツコの知らない世界(平野レミ)。

2月16日 THU 快晴 6時間51分 4,432
暖かい一日。九州で春一番。午前中、テスタメントシュピーゲル1巻読了。図書館へ本を返し、江國香織『真昼なのに昏い部屋』、内田樹・石川康宏『若者よ、マルクスを読もうⅡ』、アルチュセール『マルクスのために』、イーグルトン『イデオロギーとは何か』借り出し。
昼は雑炊と苺大福。30分ほど昼寝。
トリュフォー監督「アントワーヌとコレット」とけものフレンズ第6話「へいげん」を視聴。
スーパーマリオブラザーズ3を20分ほどプレイ。
夕食は鍋焼きうどん。百合根とシメジの炒め物。サラダ。
ブラタモリ「水戸」視聴。

2月17日 FRI 晴れ時々雨 睡眠7時間48分 3,179歩
『再生産について』下、英単語。午睡。
小林さんちのメイドラゴン6話視聴。アイカツスターズ第43話、44話。
トリュフォー監督「家庭」視聴。
昼は柿の葉ずし(鮭、鯖)、いちごサンド。
夜は温泉玉子、コーンの天ぷら、キャベツと豚肉。
20分ウォーキング。

2月18日 SAT くもり 8時間29分 4,205
『再生産について』、英単語。午睡。
昼はケンタッキーのオリジナルチキンと、しょうがのきいた辛いチキン。
夜は伊勢芋のお好み焼き風、ハンバーグ、サラダ、メカブ。
習字教室で毛筆。
新しいポケモンを2匹捕まえた。

2月19日 SUN 快晴 8時間42分 2,733歩
英単語。昨晩のうちに降った雪が屋根に積もっていた。
映画館で片淵監督『この世界の片隅に』。飽きるひまがなかった。映画を観るといつも腰が痛くなるが、クッションで調節したおかげか今日は無事だった。
百合姫4月号購入。楽天で注文したキャンディポップナイトメア最終巻届く。
昨日録画した龍の歯医者(前編)とブラタモリ(神戸の港)視聴。
夕食はふくちりと昨夜のハンバーグ。ゆずサワー。
風邪を引くと何故頭が働かなくなるか考えたが、やはり鼻詰まりその他によって引き起こされる呼吸の苦しさ→酸欠のせいではないか? 深呼吸で改善するかも。

2月20日 MON 晴れのち雨 7時間10分 1,041歩
『再生産について』、『漢文法基礎』、中国語、英単語。午睡。
江國香織『真昼なのに昏い部屋』読み始める。
ハイスクール・フリート第6話「機雷でピンチ!」、第7話「嵐でピンチ!」視聴。
夕食は鶏の照り焼き、玉子どうふ、玉ねぎのツナマヨチーズのせ。
食後にプラネットアースⅡ第1集「極言の地のサバイバル」。
日記として使っているブログと、感想を書くブログを分けようか検討中。以前作って以来使用していないはてなブログを充てようかと思っている。

2017年2月18日土曜日

2月

2月1日 快晴 睡眠7時間58分 4,650歩
今日もオットーと英単語。読書は短め。
午前に小林さんちのメイドラゴン第1話から3話まで視聴。ハマる。/(午後)その後DCDアイカツスターズ!を今年初プレイ。スイートショップコーデのボトムスとシューズ入手。アイカツスターズ!第41話「燃えろ!星取りフェス!」視聴。
…。
夕食は鮭とキャベツとキノコのちゃんちゃん焼き、ゆでどり、とりの中華風豆腐スープ。

2月2日 快晴・大風 8時間12分 1,644歩
オットー『聖なるもの』読了。英単語。
ガヴリールドロップアウト第1話〜4話視聴。小林さんちのメイドラゴン3話まで再視聴。
30日間新しいことをするTED(Matt Cutts: Try something new for 30 days)を聴く。
夕方からシチュー作り。TEDを聴きながらだったので、手順を間違えジャガイモを入れ忘れた。気をつける。19時頃に食事終了。

2月3日 快晴 7時間6分 1,455歩
杉田敦『権力論』を数ページ。英単語。
小林さんちのメイドラゴン第4話、アイカツスターズ!第42話、カードキャプターさくら、アイドル事変第1話〜2話、ハイスクール・フリート第4話視聴。
夕食はけんちん汁、チキン南蛮、恵方巻き、ブロッコリー。

2月4日 睡眠7時間58分 3,689歩
午前中掃除。睡眠不足気味でつらい。
桜井好朗の論文をスキャンしつつガヴリールドロップアウト第1話2話視聴。
習字教室でペン字。

2月5日 晴れのち雨 7時間23分(22:59–7:12) 423歩
ポケモンSM。ハイスクール・フリート第5話「武蔵でピンチ!」。キラキラプリキュアアラモード第1話視聴。昼にカボチャのほうとう。午後は映画「世界の中心で、愛をさけぶ」。夕方世界遺産(琉球)。夕食は鍋とチューハイ。モヤモヤさまぁ〜ず(自由が丘)。
就寝前にけものフレンズ第1話視聴。

2月6日 晴れ 7時間36分 744歩
杉田敦『権力論』と加地伸行『漢文法基礎』。今日から来月まで漢文の勉強。『漢文法基礎』後に、小川環樹『漢文入門』に挑戦。
午前、午後でけものフレンズ第1話〜第4話。夕方にリトルウィッチアカデミア第4話を視聴。午後、Twitterでつぶやきつつ、代替医療・オナ禁・トロブリアンドの性交と妊娠の関係について。オナ禁は(1)伝統的養生方 (2)西洋近代の性道徳 (3)比較的新しいスピリチュアリズム(世界的)の輸入? 2chには2000年から登場。オウム等関連?
夕食は蒸鶏、カボチャのサラダ、ワカメと豆腐のスープ、煮豆。
ぷっすま視聴。

2月7日 快晴 7時間54分 2,580歩
『権力論』、『漢文法基礎』。アプリ「中国語への扉」で中国語の勉強を開始。
…。
けものフレンズ第1話〜4話、ガヴリールドロップアウト第5話、リトルウィッチアカデミア第5話、小林さんちのメイドラゴン第4話視聴。
夕食は里芋と豚肉の味噌煮、カリフラワーのグラタン(グリル)、メカブ、アジ。
タモリ倶楽部(現金つかみ取り)。

2月8日 晴れ 7時間34分 8,187歩
『権力論』読了。…。
中国語の勉強、色・数詞など。
午後、駅へ行き2月引き落とし分を口座に。A6のノートを探す。
夕方からハヤシライス。夕食はハヤシライスと大根とホタテのサラダ。
食後にぷっすま(セレブ芸人)。

2月9日 睡眠7時間51分 762歩
『アルチュセール全哲学』。ノートにメモ。
…。
カードキャプターさくら第44話〜46話。ポケットモンスターSM第12話視聴。
夕食はトリのさっぱり煮、卵のスープ、豆腐とホウレンソウのグラタン風。
A6のノートは、ツバメノートがいいのではないか。

2月10日 睡眠7時間31分 2,659歩
スコセッシ監督の『沈黙』を観た。キチジローに惹かれた。主人公が転ぶシーンでにわとりの鳴き声が聞こえた気がしたがはっきりとは分からなかった(Twitterで調べるとやはり鳴いていたらしい)。
無印良品でA6のノート4冊(横罫3、無地1)購入。
夕食はリンゴのサラダ、湯どうふ、ホウレンソウのお浸し、たことわかめの和え物。
食後に日曜美術館(北斎)。

2017年2月11日土曜日

boothで漫画をDL販売したい


boothで漫画をDL販売したくて、とりあえず既刊のDL版を作ってみようと頑張ってる。
加筆修正したり描き下ろししたり。
今月中にはなにか出すので買ってください。
あと明日のコミティアには出ません。

2017年2月10日金曜日

今年は2017年

1月1日 晴れ 睡眠時間6時間41分 12,775歩
午前中、比較的早い時間に初詣に行ったが、既に長い行列ができていた。
昼食は宅配ピザ。14時から楽天ブックスで販売のクラシックミニを買おうとしたが、一瞬で売り切れてしまい買えなかった。コジマ電機に探しに行ったが入手できず。
夕食はうどん、鯛とサーモンの刺し身、うま煮、茶碗蒸し。
…。

1月2日 くもりのち晴れ 8時間44分 6,696歩
午前中墓参り。午後、…とカラオケ。
夜は…の向こうのダイニング(?)へ飲みに行った。白子の天ぷら、カニクリームコロッケ、鍋、いぶりがっこなど。ビール、日本酒、ゆず酒を一杯ずつ。
帰宅後、コンビニに行って追加のつまみ。生ハム、アイス。

1月3日 晴れ 6時間40分 1,222歩
ブレイブウィッチーズ最終話視聴。
夕食はホウレンソウとチーズのオムレツ、昆布巻き、焼鮭、うにいか、たくあん。
大人のピタゴラスイッチ「ピーマンとハトと数学」、タモリ倶楽部「帝国書院」を視聴。

1月4日 快晴 8時間14分 9,828歩
…。
…。
ブレイブウィッチーズ11話・12話、響け!ユーフォニアム2第10話・第13話視聴。
夕飯は麻婆豆腐、松前漬け、昆布巻き、ホウレンソウのお浸し。
夕食後に20分ウォーキング。入浴後、カードキャプターさくら第39話視聴。

1月6日 晴れ 睡眠時間7時間31分 9,131歩
…。…。…。
夕食は鮭、白菜と鳥のクリーム煮、大根の皮のポン酢漬け。
食後にタモリ倶楽部(マイナープラモデル)。

1月9日 雨のち晴れ 7時間48分 3,799歩
昼食にバナナパンケーキ。夕食は豆乳鍋。
…。…。
大相撲初場所二日目、日馬が御嶽海に敗れる。
…。

1月10日 快晴
暖かい一日、寝不足気味で集中力を欠く。
午前中、アイカツスターズ!第38話視聴後に、…。その後ハイスクールフリート第1話とポケモンSM視聴。
昼食は雑炊。
午後、眠気のためしばらくだらだらしてから、3時から4時まで…。
ビビッドレッド・オペレーション第3話、4話を観てから大相撲。日馬富士が松ホウ山に。
夕食は豚と里芋と大根の煮物(一昨日の残り)、ホッケ、納豆・山芋・オクラの和え物。豚汁。
…。

1月14日 晴れ 睡眠7時間29分
今週は睡眠不足気味で体調悪。木曜は寝過ごして…。
今日は…。…。
夕飯は伊勢芋のすりおろしを海苔で巻いてあげたもの、カキフライ等。伊勢芋ははじめて食べたが、粘り気が強くて美味。

1月16日 快晴 6時間41分 9,426歩
風邪少し快方へ。
…。
帰宅後、ハイスクール・フリート第2話「追撃でピンチ!」視聴。
ジョジョ第4部を読みつつ、大相撲9日目を視聴。稀勢の里が琴奨菊に負けて一敗。白鵬は高安に負けて二敗。
夕食は昨夜の残りのおでん。…。

1月18日 晴れ
オイレンシュピーゲル3・4巻(電子版)を読みながら…。
夕方、…来て一時間ほど会話。話噛み合わず後悔。
大相撲十一日目、鶴竜今日から休場。
…。

1月21日 晴れ時々くもり 睡眠8時間 921歩
…。
今日は大相撲十四日目、稀勢の里が三敗の逸ノ城を敗り破り、その後二敗の白鵬が三敗の貴ノ岩に負けたため、稀勢の里の初優勝が決定。明日は白鵬と稀勢の里、楽しみ。
夕食はかに玉、ブロッコリーとゆで卵のサラダ、白菜とひき肉のスープ。

1月22日 晴れ 7時間42分 1,851歩
…。高橋伴明監督「禅 ZEN」視聴。
…。
大相撲千秋楽。稀勢の里は白鵬に勝利。…。
夕食は鯖、ニシンの飯寿司、ホウレンソウ。
…。

1月26日 快晴 5時間2分 11,186歩
…。